オンライン外国為替取引

成行注文とは

成行注文とは
便利な指値注文ですが、使い方によっては失敗してしまうこともあります。そこで、最後に指値注文の失敗例を見ておくことで、どのような使い方は避けるべきかについても知っておきましょう。

FXの注文タイプを解説します。成行注文と予約注文

リスク警告: 弊社にてお取引頂ける金融商品は、マージン取引(証拠金取引)に該当し高いレベルのリスクを伴う為、お客様の投資資本の全てを失う恐れがございます。これらの投資商品は全ての方に適した商品では無い為、当該金融商品のお取引を希望される場合は、関連・内在するリスクに関してお客様ご自身で十分にご理解頂いている必要がございます。詳細は「金融商品及び投資サービスにおけるリスク開示」をご参照頂けます様お願い申し上げます。 リスク開示に関する法的書類を確認

免責事項: 本資料の内容は、一般的な情報提供および教育・学習並びに情報提供を目的としたものであり、投資助言や投資計画に対する助言ではございません。投資助言や投資計画に対する助言やアドバイザリー行為は、お客様個々人の状況や目的に合わせたものある必要がある為、お客様の意思に基づき独立した助言サービスを利用されるか専門家にご相談頂けます様お願い申し上げます。尚、本情報の正確性や完全性について、保証するものではございません。TTCM Traders Capital Limited は、本資料を利用、もしくは参考にされた事によって生じた如何なる結果についても瑕疵を負いません。又、本資料並びにコンテンツに記載されている情報や意見は、如何なる有価証券や金融商品への投資や売買を勧誘するものでは無く、如何なる投資助言やアドバイザリーサービスを提供するものでもございませんのでご理解・ご了承の程宜しくお願い申し上げます。本コンテンツに記載・表明された見解や意見は、専門家や各アナリストに帰属するものであり、TTCM Traders Capital Limitedにおける公式見解や方針を表明・反映するものではございませんので合わせてご了承下さい。

ライセンス並びに規制機関: TTCM Traders Capital Limited (以下、"TTCM BM"または「TradersTrust」と称します。)は、有限責任会社として登記住所を5th Floor, Andrew’s Place, 51 Church Street, Hamilton HM 12, Bermudaにて、バミューダ共和国法人設立規約、セクション14並びに、6/132C (1)法人規約条項Act1981に基づき設立され、法人登記番号No.54135としてバミューダ共和国にて登記しております。

ウェブサイト traders-trust.com は、TTCM BMによって運営されています。

お取引制限地域: 成行注文とは 本ウェブサイト記載の情報は、オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イラン・イラク・北朝鮮・米国・キューバ・シリア・スーダン・アフガニスタン・ガーナ・ラオス共和国・ウガンダ・イエメン等の国並びに当該国へ居住されているお客様へ向けたものではございません。尚、以下記載の国・地域における独自の法律並びに規制がある場合は、当該国・地域における法律並び規制に抵触する恐れがありますのでご留意下さい。

注文手法について

「今表示されている価格以下で買いたい(この価格より高い価格では買いたくない)」、「今表示されている価格以上で売りたい(この価格より低い価格では売りたくない)」というときに使います。
ストリーミング注文は価格パネルに提示されたクリックし、クリックしたときの価格を指定して発注する注文です。
取引所で受け付けたときの価格が指定した価格を含めそれより有利な価格であれば取引所の提示する価格で約定し、不利な価格であれば失効となります。

トリガ(逆指値)注文

  • ※ 指定したトリガ価格に達すると「成行」で執行します。 成行注文とは そのため、必ずしも指定した価格で約定するわけではありません。
  • ※ 提示されている価格以下のトリガ価格で買いトリガ注文を発注すると、注文時に提示された価格で即時に約定する可能性があります。
  • ※ 提示されている価格以上のトリガ価格で売りトリガ注文を発注すると、注文時に提示された価格で即時に約定する可能性があります。
  • ※ 逆指値注文の価格にはプライスリミットがございますのでご注意ください。

トリガ指値注文

  • ※ トリガ注文と指値注文をセットで発注するOCO注文とは異なります。

トリガ指値注文 買いの注文例

トリガ指値注文 売りの注文例

  • ※ 注文の変更はできません。変更する場合は、いったん注文を取り消していただく必要がございます
  • ※ 逆指値注文の価格にはプライスリミットがございますのでご注意ください。

If Done 注文

  • ※ IfDone注文はIf注文が約定するまでは価格変更などの注文の訂正は可能ですが、 If注文約定後は注文変更できません。変更される場合は、一度は注文を取り消してください。

OCO注文

  • ※ 決済注文だけでなく、新規注文でも利用することができます。
  • ※ 同じ銘柄での条件設定となります。
  • ※ OCO注文は価格変更などの注文の訂正はできません。変更される場合は、一度は注文を取り消してください。

If Done OCO注文

  • ※ IfDoneOCO注文はIf注文が約定するまでは価格変更などの注文の訂正は可能ですが、If注文約定後は注文変更できません。変更される場合は、一度は注文を取り消してください。

最初の注文が約定すると、予約しておいた次の注文が自動的に発注される注文です。
「米ドル/円の新規の買い指値注文が約定したら、ユーロ/円の新規買いトリガ注文を発注したい」というときなどに使います。 If Done注文と異なり、通貨ペアや新規/決済に関係なく次の注文を予約することができます。 1つの親注文に対して9つまで子注文を発注でき、1つの親注文からは最大10階層まで注文を連続させることができます。

  • ※ 一番初めに発注した親注文を含み10階層まで。
  • ※ 親注文を取り消すと全ての子注文が取り消されます。
  • ※ 親注文が約定した際に発注される子注文については、発注時に発注証拠金のチェックがおこなわれます。その為、発注証拠金不足となる場合には、それらのすべての子注文が取り消されます。
  • ※ 親注文が新規注文の場合、子注文をその決済注文として発注することが可能です。

トレール機能

  • ※ トレール機能は単一のトリガ注文を選択したときにご利用になれます。

現在米ドル/円の価格が99円。
「現在、99円の売り建玉保有している。
100円以上になったら損切りとなる買いトリガ注文を出しておきたい。 ただ、値段が思惑通り下がるようであれば、 価格から1円上に離れたいところにトリガ注文を自動的に出し直したい。」と考えた場合。

現在米ドル/円の価格が100円。
「100円の買い建玉を保有している。
99円以下になったら損切りとなる売りトリガ注文を出しておきたい。 ただ、値段が思惑どおり上がるようであれば、 価格から1円下に離れたところにトリガ注文を自動的に出し直したい。」と考えた場合。

    ※ トレール機能を使ったトリガ価格は価格の値動きにあわせて5pips単位で動きます。 -->
  • ※ トレール機能利用時は価格変更などの注文の訂正はできません。変更される場合は、一度注文を取り消して発注し直してください。
  • ※ トレール価格の判定は当社の任意の時間間隔で行っているため、 実際の価格の変動と異なる場合がございますのでご注意ください。
  • ※ トリガ注文でトレール機能が発動した場合のトリガ注文は、当社システムが価格を監視し価格が執行条件を満たしたときに成行きとして発注するため、通常のトリガ注文と比較すると約定するまで僅かながらタイムラグが生じる場合があります。
  • ※ トレール値幅は、現在値とトリガ価格の差以上の値を指定ください。
  • ※ トレール値幅の最小値幅は商品毎に異なります。
    • クロスカレンシー商品(ユーロ米ドル、英ポンド米ドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、米ドルカナダドル、ユーロ英ポンド、英ポンドスイスフラン、米ドルスイスフラン、ユーロスイスフラン、ユーロ豪ドル、英ポンド豪ドル):5 pips
    • 対円商品①(米ドル、ユーロ、豪ドル、南アランド、スウェーデンクローナ、ノルウェークローネ、HKドル、メキシコペソ):2.5 pips
    • 対円商品②(英ポンド、カナダドル、スイスフラン、NZドル、ポーランドズロチ、トルコリラ):5 pips

    同一通貨ペアの複数建玉をまとめて決済する注文です。
    「米ドル/円の買い建玉をまとめて決済したい」というときに使います。
    両建てしている建玉を同時に決済する際は建玉整理をご利用ください。

    • ※ 「買」「売」が異なる建玉を一括決済で決済することはできません。

    全決済注文

    「いくらでもいいから今保有している全ての建玉を決済したい」というときに使います。
    保有している全ての建玉をまとめて成行決済する注文です。
    発注するとそれまでに出していた未約定の注文は取り消されます。

    • ※ 全決済注文で発注した注文の変更・取消はできません。
    • ※ 取引時間外の通貨ペアの建玉を保有している場合は発注することができません。
    • ※ 全決済注文(新規注文の取消を含む)が完了するまで新たな注文は発注できません。

    建玉整理とは

    「両建てしている建玉を同時に決済したい」というときに使います。
    同じ通貨ペアの買い建玉と売り建玉を同時に保有している状態(=両建て)のときに、同じ枚数の買い建玉と売り建玉を相殺することで決済できる注文です。
    通常、保有している買い建玉、売り建玉をそれぞれ成行注文等で決済しようとすれば価格変動がなくてもスプレッド分のマイナスが生じますが、建玉整理は、建玉同士を相殺することで決済をおこなうため、スプレッドによるマイナスも生じません。

    • ※ 建玉整理には、手数料がかかりません。
    • ※ 約定照会では、決済価格は仲値となっております。
    • ※ 1.建玉整理はブラウザ版のみの機能となります。リッチクライント版とモバイル版ではご利用になれません。

    商品の費用・リスクについて
    当社ホームページに記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。
    当社は各商品の有効証拠金比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、お取引には預託すべき証拠金以上の取引が可能なため急激な相場変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生する場合があります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」および「取引説明書」等をよくお読みいただき、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引を行ってください。

    商号等/インヴァスト証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号/関東財務局長(金商)第26号
    加入協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会
    当サイトは投資判断の参考となる情報の提供を目的としておりますが、投資の際の最終決定はご自身の責任と判断でなされるようお願いいたします。
    当サイトは当社が信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

    All Rights Reserved,Copyright(C)INVAST Securities Co.,Ltd. 成行注文とは

    ■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

    「成行注文」を英語に翻訳する

    On Bybit, one-click stop loss provides a convenient choice for traders to close all existing position through a 成行注文とは 成行注文とは market order.

    Position can be opened either by execution of a 成行注文とは market order or by automatic 成行注文とは triggering of a pending order.

    For these two ways, the entire position will be closed with a Market Order once the Last Traded Price hits the Take Profit price.

    In addition, limit orders can be used as a variation of market order which provides the flexibility to limit the maximum deviation of execution price.

    For example, suppose you want to create a time sliced order that places a market order for 10 percent of its order quantity every 30 seconds.

    If the trader wants to make a buy stop loss when the price breaks through 6,500 USD, he can perform: 1) Conditional market order: 成行注文とは set a trigger price of 6,500 USD.

    Market to cancel the resting child order portion and submit a market order for 成行注文とは the remaining quantity.

    Anti-Wash rules apply to all Limit and Market order types, qualifiers, restrictions, and expiries natively supported by the exchange except for Committed orders and Stop orders.

    (This method is applicable to traders who are worried 成行注文とは that the market depth is not deep enough when the last traded price reaches the trigger price and that a market order may lead to an undesired average execution price).

    The market order option is recommended for the traders who value speed over price, 成行注文とは as it allows users to execute their trades as quickly as possible at the current market price.

    For example, you may want an order to immediately fill at the current best price (market order) or to fill only at a particular price (limit order).

    Securities traded daily on open markets such as stock exchanges are possibly the easiest type of asset to predict the value of, and selling the asset at market prices may be as simple as calling a broker and issuing a Market Order.

    株の指値(注文)とは?成行との違いと指値の決め方をわかりやすく解説!

    「指値注文」とは、どのような注文方法なのでしょうか?まずはじめに、基本的な部分について学んでいきましょう。

    希望する価格で売買する注文方法

    株にはこうした「指値注文」の機能があるため、専業トレーダーだけではなく、取引時間中に仕事をしているサラリーマンなどの方も気軽に参加できるようになっているのですね。

    指値を越えなければ注文は成立しない

    そのため思わぬ条件の悪い価格で約定してしまう心配がなく、取引時間中に相場状況が確認できなくても安心して利用できるでしょう。

    指値注文での約定は注文した順番通り

    人気の銘柄で確実に株を購入したいならば、ちょっと妥協して購入希望額より少し高めの株価に指値を入れておくのが無難かもしれません。

    指値注文の有効期限

    ここで注意しておきたいのが、配当や株主優待が貰える「権利確定日」。権利確定日が設定されている銘柄の場合、権利付最終約定日を超える有効期限の指定はできないので気を付けましょう。

    指値注文と成行注文との違い

    そこで、この「成行注文」を使うとその時の株価で、すぐ確実に約定させることができますよ。

    指値を使った注文を出すときのポイント

    指値注文を出す際には、いくつか押さえておきたいポイントがありますので、ここからご紹介してまいります。

    チャートを分析してトレンドを把握

    チャートの株価が、ボリンジャーバンドの±3σに接している場合はトレンドの転換が起こる場合が多く、逆張りを狙うのに適しているでしょう。

    約定できるかどうかを注文の気配から判断

    板に表示されている注文状況を考慮して、売り買いそれぞれの勢いから約定しやすい指値を決めるようにすると良いでしょう。

    指値はキリの良い価格を避ける

    なので約定を優先するのなら、1円だけ指値価格を変更するだけでも、非常に約定しやすくなりますよ。

    逆指値で利益や損失をコントロール

    また、株価が抵抗線を上抜けした、「ブレイクアウト」のタイミングに乗って買いたい時にも逆指値注文を入れておくのがおすすめですよ。

    OCO注文を使い1回の注文で売買完了

    この「OCO」とは”One done,then Cancel the Other”の略。つまり”一方が成立したら、もう一方をキャンセルする”といった意味ですね。

    取引時間中に相場をチェックできないサラリーマンの方などには、うってつけの注文方法と言えるでしょう。

    デイトレードをするなら指値と成行を使い分け

    では、どのような場面でどちらの注文方法を使うべきなのか、ここから解説いたします。

    基本は成行注文ですぐに約定を

    株価がその日のトレンドに乗っていれば、多少約定した価格が予定よりズレても、十分に利益を期待できるため、デイトレードでは安く買うよりも確実に約定させることを優先すべきなのですね。

    指値と不成の注文を出しておけば1日中安心

    そのため、デイトレードで株を購入した後は、これらの「指値注文」「不成注文」を出しておけば、後は相場を見れなくても1日中安心して過ごすことができますよ。

    指値注文の失敗例

    便利な指値注文ですが、使い方によっては失敗してしまうこともあります。そこで、最後に指値注文の失敗例を見ておくことで、どのような使い方は避けるべきかについても知っておきましょう。

    買い注文と売り注文の考えを混同

    また、指値価格の打ち間違いにも十分注意しましょう。せっかくチャンスを掴んだ銘柄があっても、間違えて株価以下の売りの指値注文を出してしまえば、おそらく値上がりする前にその場で即約定してしまい、利益を得る機会を逃してしまうことになってしまいますよ。

    指値の価格になったのに約定しない

    自分の順番が来たとしても、その時には株価が変わってしまい約定せずに終わってしまうケースもありますので、確実に約定させたい時は少し妥協してでも、確実に順番の回ってくる価格で指値注文を出しておくようにしましょう。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる