無料セミナー

バイナリー オプション スプレッド

バイナリー オプション スプレッド
取引銘柄を選択

次に、左側のパネルからトレードする取引銘柄を選択します。
※ペイアウト率は全て100%、レート欄はHIGHのターゲット価格とLOWのターゲット価格が表示されます。

ザ・オプション(the option) スプレッド短期取引

ザオプション(theoption) スプレッド短期について案内していきますが、その前にザ・オプションの詳しいレビューも知りたい方も多いので詳しいレビューとお得な情報を知りたい場合はコチラから確認ください。

動画でも簡単な説明をしていますので動画で解説を見たい方はコチラで確認ください

スプレッド短期取引操作方法

各オプション取引の中から、【スプレッド短期】を選択します。

取引銘柄を選択
バイナリー オプション スプレッド
次に、左側のパネルからトレードする取引銘柄を選択します。
※ペイアウト率は全て100%、レート欄はHIGHのターゲット価格とLOWのターゲット価格が表示されます。

期間を選択

次に右側のパネルから、30秒、60秒、2分、5分の期間(取引時間)を選択します。

取引チャート

そして、取引チャートを確認しながら、今現在の価格に対し、終了時間の時点でHIGH(高)またはLOW(低)を予想していきます。

トレードを開始

取引開始後の状況

取引が開始されると、実行中の取引パネルにて状況が確認できます。

おさらい
短期スプレットの場合、スプレット幅も更に狭くなるので実践してみるべし!
予想通り、勝利すればほんの数分で100%のペイアウトが獲得できます。

ザオプション新規口座開設はコチラ↓

モバイルアプリも完備、モバイルアプリを希望の方はコチラ↓

【2022年】国内バイナリーオプションランキング。投資歴10年のプロがおすすめる国内バイナリーオプション業者はこれだ!

woman

国内バイナリーオプション業者のランキング基準

国内バイナリーオプション業者を選ぶ前の前提

  • 最低でも判定時刻までは2時間間隔を開けなければならない
  • ペイアウト額は、1,000円で固定
  • 購入額が変動する仕様(ラダーオプション)

という サービス面ではほぼ横並び となってしまってしまうのです。

そのため、海外バイナリーオプション業者とは違って、国内バイナリーオプション業者を比較するときに 「あまり比較する要素が少ない」 ということを知っておく必要があります。

国内バイナリーオプション業者は、 バイナリー オプション スプレッド サービス面で差が少ない のです。

ランキング基準その1.トレードの選択肢の多さ

  1. 取引可能な通貨ペア
  2. 取引可能なコース
  3. 取引可能なバイナリーオプションの種類
  4. スプレッド(転売時のスプレッド)
みんなのオプション/トレイダーズ証券

選べるコースは、 5つ しかありません。

外為オプション/GMOクリック証券

選べるコースは、 7つ あります。

  1. ラダーオプション(あらかじめ決められたコースから選択する)
  2. レンジオプション(レンジの中に納まるかどうか?でトレードする)
  3. ワンタッチオプション(決められたレートにタッチするか?しないか?でトレードする)
  4. ノータッチオプション(決められたれーどにタッチするか?しないか?でトレードする)

多くの国内バイナリーオプション業者では「 ラダーオプションのみ 」を採用していますが、そのほかの取引方法を採用している国内バイナリーオプション業者もあります。

teacher

ランキング基準その2.トレードの勝率を上げる情報・ツール

ぱっと見テクニカル

ランキング基順その3.トレードツールの使いやすさ・見やすさ

  • 色使い
  • ローソク足、バー、折れ線グラフ
  • テクニカル分析指標の表示
  • チャートに図形を書き込めるか否か?

teacher

ハイローオーストラリア|スプレッドとは?幅がひどいって本当?

ハイローオーストラリア

①スプレッドとは

この一定の範囲のことをスプレッドと言います。

スプレッドなしの場合は1.85倍〜1.95倍ですが、スプレッド有りの場合は2倍〜2.3倍 となります。これだけみるとスプレッド有りのほうがいいのでは?と思うかもしれません。ですが、それだけ当然負けるリスクが上がります。

②スプレッド取引のメリット・デメリット

それは… 「ペイアウト率が高い」

スプレッド無し 1.85〜1.95倍
スプレッド有り 2.00〜2.30倍

スプレッド無しであれば1850円〜1950円のペイアウト

スプレッド有りであれば2000円〜2200円のペイアウト

つまり、有りかなしか?で150円〜250円のペイアウト額の差が生まれるということになります。

デメリット

スプレッド幅の分負けるリスクがあがる

③ハイローオーストラリアのスプレッド幅はひどいのか?

スプレッド幅がひどい! という声があるようなのでこれについても調査しました。スプレッド幅は実はハイローオーストラリアとその他のバイナリーオプション業者とで差があります。

ハイローオーストラリアの運営も当然のことながらスプレッド有りで勝ちやすい状況などは対策を講じています。チャートに大きなトレンドが出て大きく値幅が動く時間は比較的スプレッド有りでもエントリーしやすい状況になりやすくなるため、そのタイミングではスプレッド幅の範囲を広くしていたりしますので注意が必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる