FX取引

バイナリー オプション 2 時間

バイナリー オプション 2 時間
『選べる外為オプション』は期日のある取引です。また、相対取引であるため、お客様全体のオプション購入金額とペイアウト受取額の差額は当社の損益となります。
『選べる外為オプション』取引では、合理的な投資判断をもって取引を行うために、オプション取引の理論的根拠等の専門知識が必要です。
また、『選べる外為オプション』でのお取引では、以下の場合には投資元本をすべて失うリスクがあります。

外為オプション 取引ルール

権利行使価格は基準となる権利行使価格から上下対称に設定されます。
基準となる権利行使価格は各回号の注文受付が開始される1分前の為替レートを、対円通貨ペアであれば小数第二位、対ドル通貨ペアであれば小数第四位を四捨五入することにより決定されます。
また、何らかの理由により、注文受付予定時刻に権利行使価格を設定できなかった場合、その後権利行使価格が設定され次第、当該回号での注文受付を開始します。なお、権利行使価格が設定されないまま、当該回号の残り時間が2時間未満となった場合、当該回号は中止となります。

  • ※ 重要経済指標の発表をまたぐ回号に関しては、原資産のボラティリティが高くなる可能性があり、お客様・当社双方のリスク管理が困難となること等を総合的に判断し、権利行使価格の値幅・本数を設定します。

2wayプライス

  • ※ 店頭バイナリーオプションのレートは、複数の要素に基づく計算値であり、基本的には相対取引でレートは決定されます。そのため、同一条件の店頭バイナリーオプションであっても、その取引レートが取扱金融商品取引業者により異なる場合があります。
  • ※ 重要経済指標の発表前後やインターバンク市場の流動性低下時、各回号の満期前はスプレッドが広がる傾向があります。

購入レート

判定レート

  • ① ラダーバイナリーコールオプション
    回号終了時点の判定価格が権利行使価格以上の水準となった場合(判定価格≧権利行使価格の場合にのみ、ペイアウトの入金処理を行います。権利行使価格未満の水準となった場合にはペイアウト額を受け取ることができません。
  • ② ラダーバイナリープットオプション
    回号終了時点の判定価格が権利行使価格未満の水準となった場合(判定価格<権利行使価格の場合)にのみ、ペイアウトの入金処理を行います。権利行使価格以上の水準となった場合にはペイアウト額を受け取ることができません。
  • ※ 判定処理が終了し、その損益がお客様の余力として反映されるまでには、数分間いただきますので、予めご了承下さい。

利用する判定レートの提供者

  • ● ラダーオプション
    同一の権利行使価格において円高・円安(対ドル通貨ペアの場合はドル高・ドル安)のオプションを両方購入する。
    (別の権利行使価格、別通貨ペアや別回号の両建は取引可能です。)
  • ● メンテナンス時間の振替指示は受け付けできません。
  • ● 振替指示はインターネット上からのみ受付いたします。(E-Mail、FAX、電話でのお申込みは受付できません。)

取引代金の授受

外為オプション取引の購入金額は、各回号の取引約定時に、お客様の外為オプション取引口座より差し引くことにより徴収します。購入金額は、取引数量×取引価格(購入価格)となります。
また、購入したオプションを転売した場合の転売金額については、転売取引約定時に、お客様の外為オプション取引口座に入金します。転売金額は、取引数量×取引価格(売却価格)となります。
ペイアウト額については、各回号のペイアウト額に係る判定終了後、速やかにお客様の外為オプション取引口座に入金します。

スリッページ

外為オプション取引での注文受付は成行注文のみとなっています。お客様の注文は、各回号の開始時刻から終了時刻の2分前までの間、当社の受注サーバに到達した順に受け付けられ、正常に受け付けられた注文については、システム上の注文受付番号順に全数量を約定処理しますが、お客様の端末と当社のサーバとの間の通信時間及び当社サーバでの注文受付後の約定処理時間により、お客様の発注時の画面表示価格と実際の約定価格との間に価格差(これを「スリッページ」といいます。)が発生する場合があります。「スリッページ」は、お客様にとって有利となる場合もあれば、不利となる場合もあります。
成行注文では、発注時にお客様が許容できるスリッページ幅を注文画面上で設定することができます。その場合は、お客様の注文を当社のサーバで受注した時点の配信価格(以下、「基本価格」といいます。)がお客様の発注時の画面表示価格と一致するか、もしくは、お客様があらかじめ設定したスリッページ許容幅の範囲内の価格であれば、お客様の注文は当該基本価格で全数量約定しますが、スリッページ許容幅を超えている場合には、全数量の注文受付が拒否されます。スリッページ許容幅を設定せずに発注することもできますが、相場急変時はスリッページが予想外に拡大する場合がありますので、ご注意ください。なお、基本価格の変動が激しい場合には、スリッページ許容幅の設定の有無にかかわらず、基本価格が有効ではないものとして注文が受け付けられない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
具体的な事例や、スリッページ許容幅の設定方法に関しては こちら(PCサイト)をご覧下さい。

損益の開示

口座開設(無料)はこちら

PCサイトへ移動

GMOクリック証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者 銀行代理業者 関東財務局長(銀代)第330号 所属銀行:GMOあおぞらネット銀行株式会社 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

バイナリー オプション 2 時間

バイナリーオプションは時間帯でラダー制とレンジ制を使い分ける

バイナリーオプションでは「ラダー制」「レンジ制」の2つの取引方法があり、それぞれの取引方法で向いている為替の状況が異なるからです。

バイナリーオプション、トレンド相場ではラダー制が向いている

【ラダー制】
判定時刻に通貨ペアの為替レートが、指定したレートよりも高いか低いかを予測する取引です。

高いか低いかを予測するため、値動きのある相場が向いています。

バイナリーオプション、値動きが少ないときはレンジ制が向いている

【レンジ制】
判定時刻に通貨ペアの為替レートが、目標レンジの内になるか外になるかを予測する取引です。

そのため、値動きの安定している相場の方が予測しやすくなります。

ラダー制はトレンド相場の時間帯が勝ちやすい

バイナリーオプション、ラダー取引が勝ちやすい時間帯

・日本時間 9時~10時
・日本時間 17時~19時
(サマータイムは16時~18時)
・日本時間 22時~翌1時(サマータイムは21時~翌0時)

バイナリーオプション、ラダー取引が勝ちやすい時間帯(夏時間)

ラダー制は値動きのある方が予測しやすいため、トレンドの発生する時間帯が向いています。

レンジ制は値動きが無い時間帯が勝ちやすい

バイナリーオプション、レンジ取引に向いてる時間帯

【レンジ制に向いている時間】
・日本時間 11時~15時
(サマータイムの影響は受けない)

先ほどのラダー制とは反対に、 レンジ制は 為替相場の安定度を予測する取引であるため、 値動きの落ち着く時間帯が向いています。 バイナリー オプション 2 時間

各市場がオープンしてしばらくすると、値動きは落ち着く傾向にあるので、その時間を狙いましょう。

勝ちやすい時間帯と為替市場の関係

為替で勝ちやすい時間帯と市場の関係

3つの為替市場は値動きが大きくなる

中でも三大市場と呼ばれている、東京、ロンドン、ニューヨークの市場が注目すべき市場です。

通貨ペア別為替取引量シェアの推移

上記表を見てもらうと、 上位3つの通貨ペアが世界の取引量の46.8%を占めている のがわかります。三大市場はこれらの通貨発行国(地域)にあたります。

東京市場(アジア地域)

東京為替市場は午前9時頃から活発になってきます

9時から9時55分までは、仲値に合わせて取引量も増えて、米ドル/円の値動きが活発になってくるのです。

【ラダー取引が勝ちやすい時間帯】
・米ドル/円の値動きが活発となる日本時間 9時~10時

【レンジ取引が勝ちやすい時間帯】
・米ドル/円の値動きが落ち着く日本時間 11時~15時

ロンドン市場(ヨーロッパ地域)

ロンドン市場が開く17時からは取引参加者が増えるめ、値動きが活発になります。

19時頃になると欧州では昼休みに入るため、値動きは一旦落ち着つく傾向にあります。

【ラダー取引が勝ちやすい時間帯】 バイナリー オプション 2 時間
・ユーロ/米ドルとポンド/米ドルの値動きが活発となる日本時間 17時~19時

ニューヨーク市場

「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」をはじめとした、米ドルを含んだ通貨ペアの取引が活発になる時間です。

特にロンドン市場と、ニューヨーク市場が重なる 日本時間22時~翌午前1時は、取引が最も活発になるトレンドの発生しやすい時間帯です。

日本時間22時〜24時:各種経済指標
ニューヨークの午前中には経済指標の発表が控えています。雇用統計など影響の大きい発表は相場を大きく動かします。

日本時間0時:ニューヨークオプションカット
通貨オプションの権利行使の期限時刻となっており、この時間の前後に為替相場が変動します。

日本時間1時:ロンドンフィックス(ロンドン市場の仲値)
実需要だけでなく、機関投資家の多くがこの時間を利確の目安しているため値動きが活発となります。
ロンドンフィックスの後は、東京の仲値後と同様に値動きは落ち着つく傾向にあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる