FX取引の利点

ブロックチェーンが社会を変える

ブロックチェーンが社会を変える

ブロックチェーンが社会や市場を変える ブロックチェーン技術におけるスマートコントラクトの概念とNFTの価値とは

ブロックチェーン技術を理解するうえで、その概念となるのが「スマートコントラクト」と呼ばれるものです。スマートコントラクトは、あらかじめ規定されたルールに従って行われるブロックチェーン上でのトランザクション(取引)や、外部情報をトリガーにして実行されるプログラムを指します。この"スマート"には自動的に実行されるという意味があり、スマートコントラクト=契約の自動化には、事前定義から決済に至るまで、一連の契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉が狙いとしてあります。
提唱者のNick Szabo(ニック・スザボ)は、自動販売機を例に挙げて説明しております(図2)。自動販売機はスマートコントラクトの「契約の事前定義→条件入力→履行→決済」という一連の流れを全て自動化している点で分かりやすい例であり、これがいずれデジタルに制御されるさまざまな情報や資産に関わるプログラム実行への適用可能性があると示唆されていました。このスマートコントラクトのメリットとしては、仲介者(第三者)を介在しない「信頼性」や、取引の記録がブロックチェーン上で公開される「透明性」、手数料不要や手続きの時間短縮による「コスト削減」などが挙げられます。
ブロックチェーンとスマートコントラクトには、DAO(=Decentralized Autonomous Organization)という共通の思想があります。DAOは、中央の管理者をもたないネットワーク型組織のことで、個々に自立したネットワーク参加者が自由に振る舞う中で、組織全体としての判断や意思決定、実行が自動的になされていくような組織形態です。こうしたブロックチェーンとスマートコントラクトの切っても切れない関係を理解するうえで、DAOという思想への理解は外せないでしょう。

ブロックチェーンとNFT

デジタルデータは比較的コピーが容易な分野とされてきておりますが、ブロックチェーン技術を使って唯一無二な資産価値を付与し新たな売買市場を生み出そうと注目を浴びているのがNFTです。NFT(=Non-Fungible Token)は、ブロックチェーン上で鑑定書や所有証明書を記録し、固有の価値を持たせる非代替性のデジタルトークン(デジタル権利証)のことです。
このNFTは、こうした固有性や資産性を持たせることができれば、取引が可能になります。取引内容はブロックチェーン上で公開されるので、誰にでも検証が可能であり、安全性の高い取引ができます。また、NFTは共通規格で発行・流通するため、複数のプラットフォームをまたいだデジタルコンテンツの利用を技術的に可能とするため、相互運用性が担保されます。あと、NFTは先程取り上げたスマートコントラクトを用いて実装可能なため、取引数量を制限したり、時間の経過とともに価値を上下させたりといったさまざまな機能を追加できます。
NFTが一番身近に使われはじめているのが「デジタルアート」です(図3)。その名の通り、デジタルを使って作られた芸術作品ですが、ブロックチェーン技術によってデジタルアートの偽造不可能な所有証明書を発行できるようになりました。これにより、デジタルアートに資産価値を生み出せるようになり、そのアートの所有者は誰か、所有者歴なども全て記録・確認することができます。この技術のおかげで、偽造等の無い正規のものが、オンラインのマーケットプレイス上で取引できるようになりました。

■ブロックチェーンは、取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術である。
■スマートコントラクトは、契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコル(規約・手順)である。
■NFTは、ブロックチェーン上で鑑定書や所有証明書を記録し、固有の価値を持たせる非代替性のデジタルトークン(デジタル権利証)である。

社会的利益のためのブロックチェーンとは

スラムハウスの風景

慈善団体、非営利団体、および非政府組織(NGO)は、多くの場合、支援の意思があり、それが可能な企業ドナーに達する適切なテクノロジーがありません。 問題が、より最新のITインフラストラクチャーへの資金提供であれ、社内スキルの拡張であれ、あるいは、他のリソースの検索であれ、重要な接続が失われたり、まったく確立されない可能性があります。 さらに、企業のドナーが必要とする受託者責任と財務の可視性のレベルは、それらに対処する準備ができていなければ、組織を圧倒してしまう可能性があります。

ブロックチェーンが環境への影響を検証する

Newlight Technologiesは、温室効果ガスから高性能の消費財を生み出しています。 ブロックチェーンは、製品プロセスと環境への影響を追跡、監査、伝達できるようにします。

ブロックチェーンが人道的取り組みにどう役立つのか

真実の単一ビュー

変更不可能で改ざんが防止された記録

許可された参加

変化に向けた新しいモデルの作成

IBMの社会的利益に関する取り組みの歴史

IBM Science for Social Goodプログラムは、応用科学技術が科学的方法を通じて解決の速度とペースを加速することで、世界で最も困難な問題を解決できる、という前提に基づき構築されています。 2016年以来、このプログラムでは、IBM Researchの科学者とエンジニアが、学術フェローやさまざまな非政府組織(NGO)、公的機関、社会的企業からの対象分野の専門家とともに、科学技術を使用して新たな社会的課題に取り組んでいます。 これまでの結果としては、革新的なプロジェクト28件、パートナーシップ19件、特許出願中9件、などが挙げられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる