おすすめ記事

株初心者必見

株初心者必見
API連携を行うメリットには、「ほかのソフトウェアのデータを活用できる」という点もあります。API連携においては“データ”を公開しているソフトウェアもあり、たとえば、上述したAmazonの「1日あたりの販売額・紹介料の推移の把握」がそのひとつです。情報の確認が容易なるだけでなく、顧客の傾向や特徴を分析しやすくなるため、自らのソフトウェアの機能性向上やさらなるビジネスの考案に役立てることが可能です。

[初心者必見]投資信託の仕組みとメリットを解説

投資信託

購入の窓口は証券会社が一般的でしたが、最近では銀行や信用金庫、郵便局(ゆうちょ銀行)などでも取り扱われています。この証券会社や銀行は単に窓口ですので、運用するわけではありません。お金はこの窓口を通じて運用会社に集まり、運用会社が資金を運用することになります。ちょっとややこしいかもしれません。まとめると、運用会社と直接取引するのでなく、銀行や信金、郵便局(ゆうちょ銀行)などみなさんになじみのあるところが窓口になっていて、そこで投資信託が買えるのです。

さて、こうして窓口を通じてみなさんからの多額の資金が、運用会社に集まってきます。その額は何千億という金額です。運用会社にはさまざまな専門家がいて、プロとして各役割を発揮してくことで全体が組織として機能します。

運用はプロに任せて、その分自分のやりたいことや仕事にその時間をあてましょう。

組み合わせた株、債券、REITなどの投資対象が蓄積され、価値が上がっていくこと。そしてその結果、資産を増やしていくことが投資信託の本質です。具体的にいうと、「株式の利益」、「債券の金利」、「REITの家賃(賃貸料)」がそれぞれ蓄積されていくわけです。

そしてその運用の成果として得られた収益が、証券会社を通じて投資家に分配金や値上がり(基準価額の上昇)として還元される、というのがこの投資信託の仕組みになります。

ここでみなさんに知っておいてほしいのが、投資信託のメリットのひとつは少額でも始められることです。毎月1万ずつ積み立てることもできますし、お試しで10万円くらい購入してちょっと様子を見ることも可能です。

株初心者必見

MIR@I会員限定コンテンツ続々 カレンダーバナー 知って得する用語解説

ラーメンや餃子が楽しめる優待 2022年版 をお届けします

生活にかかせない ドラッグストアの優待 をお届けします

さあ、ゴールデンウィーク! 映画を見られる優待 をお届けします

“優待女子”小森美紀さん特別対談「2倍楽しい!株主優待ライフ」Part2 株初心者必見 前編 をお届けします

季節を味わう フルーツ関係優待 をお届けします

データレポート 株主優待Watching <2021年10月末日現在> をお届けします

アクセスランキング

知って得する株主優待

アイアールmagazine

優待企業向けソリューション

プレゼンテーション
アイアールmagazine
知って得する株主優待

NET-IRは収録コンテンツの内容について、正確性、相当性、その他一切の責任を負うものではありません。
本サイト上に掲載の動画、静止画、記事等の情報は、収録時点のものであり、その後、変更されている場合があります。
最新の情報は、会社のHPをご覧になるなどご自身でご確認ください。 なお、本コンテンツは投資勧誘のためのものではありませんので、この情報を基に投資をなされる場合にも、
NET-IRは責任を一切負いかねますので、ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
NET-IRからのリンク先から得られる情報につきましても、NET-IRはその形式、内容を含め、 その一切についての責任を負いませんのでご了承ください。
また、コンテンツの内容に対する改変、修正、追加等の一切の行為を禁止いたします。
個別の会社概要データの最新の情報は、会社のHPをご覧になるなどご自身でご確認ください。

Copyright(c)2019
Nomura lnvestor Relations Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる