FXを極めよう

自社株買いとは

自社株買いとは
Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!

自社株買いとは?株価が上がる本当の理由とメリット・デメリットについてわかりやすく解説

「当期純利益」とは、会社が1年間の営業活動で株主全体にもたらした利益を指し、配当金を差し引いた当期純利益を一株あたりで表した金額が「一株あたりの当期純利益」です。 前述の通り、自社株買いをすると発行済株式数は減少します。PERは株価を一株あたりの当期純利益で割るため、発行済株式数が減れば減るほどPERは低くなります。 このように、自社株買いすることで発行済株式数が減少し、結果的にPERが低くなります。

PBRが低くなる

自社株買いをするとPERだけではなくPBRも低くなります。 PBRとは、株価純資産倍率を意味し、会社の純資産に対して株価が適当な水準であるのかを表す指標です。一般的にはPERが1倍以上であれば割高、1割を割っていれば割安と判断できます。 PBRは以下の計算式で算出可能です。

PBR=株価/一株あたりの純資産

一株当たり純資産 = 純資産/発行済株式総数

上の計算式の通り、一株あたりの純資産を算出するためには、発行済み株式総数を割らなければなりません。つまり、自社株買いして発行済株式総数が減少すれば、その分PBRも低くなります。

ROEが上昇する

自社株買いをすると、PERとPBRは減少するのに対しROEは上昇します。 ROEとは、自己資本利益率(株主資本利益率)を意味し、投資した株に対してどれだけ効率良く利益を上げられたかを表す指標です。一般的に、ROEの数値が高ければ高いほどその株式会社は自己資本を有効活用して収益を上げている、ROEの数値が低ければ低いほど自己資本を有効活用できていないと判断できます。 ROEは以下の計算式で算出できます。

・ROE=一株あたりの当期純利益(EPS)/一株あたりの当期純資産(BPS)

計算式からも分かる通り、EPSもBPSも発行済株式数によって変動します。つまり、自社株買いをして発行済株式数が減ればROEが高くなるということです。 ROEが高くなれば投資家からの評判も高くなり、株式が売れやすくなります。

自社株買いとは?株価が上がる本当の理由とメリット・デメリットについてわかりやすく解説

「当期純利益」とは、会社が1年間の営業活動で株主全体にもたらした利益を指し、配当金を差し引いた当期純利益を一株あたりで表した金額が「一株あたりの当期純利益」です。 前述の通り、自社株買いをすると発行済株式数は減少します。PERは株価を一株あたりの当期純利益で割るため、発行済株式数が減れば減るほどPERは低くなります。 このように、自社株買いすることで発行済株式数が減少し、結果的にPERが低くなります。

PBRが低くなる

自社株買いをするとPERだけではなくPBRも低くなります。 PBRとは、株価純資産倍率を意味し、会社の純資産に対して株価が適当な水準であるのかを表す指標です。一般的にはPERが1倍以上であれば割高、1割を割っていれば割安と判断できます。 PBRは以下の計算式で算出可能です。

PBR=株価/一株あたりの純資産

一株当たり純資産 = 純資産/発行済株式総数

上の計算式の通り、一株あたりの純資産を算出するためには、発行済み株式総数を割らなければなりません。つまり、自社株買いして発行済株式総数が減少すれば、その分PBRも低くなります。

ROEが上昇する

自社株買いをすると、PERとPBRは減少するのに対しROEは上昇します。 ROEとは、自己資本利益率(株主資本利益率)を意味し、投資した株に対してどれだけ効率良く利益を上げられたかを表す指標です。一般的に、ROEの数値が高ければ高いほどその株式会社は自己資本を有効活用して収益を上げている、ROEの数値が低ければ低いほど自己資本を有効活用できていないと判断できます。 ROEは以下の計算式で算出できます。

・ROE=一株あたりの当期純利益(EPS)自社株買いとは /一株あたりの当期純資産(BPS)

計算式からも分かる通り、EPSもBPSも発行済株式数によって変動します。つまり、自社株買いをして発行済株式数が減ればROEが高くなるということです。 ROEが高くなれば投資家からの評判も高くなり、株式が売れやすくなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる