日本語で徹底解説

デルタの意味

デルタの意味
永田 豊志ながた・とよし 知的生産研究家、ショーケース代表取締役社長。九州大学卒。リクルートで新規事業開発を担当。その後、出版社や版権管理会社などを経て、ショーケース・ティービー(現ショーケース)を共同設立。図解思考、フレームワーク分析などビジネスパーソンの知的生産性研究にも取り組んでおり、国内外での執筆活動や講演でそのノウハウ普及を行う。

vol.34 デルタの意味 自社に合う方向性を選択して
目指すべき企業戦略を見つける。

【ベストプロダクツ】=「商品力で勝ち抜く」 商品そのものの機能性、利便性やデザインといった目線で他社との差別化を図る戦略。開発力が高い企業や人気の商品を排他的に仕入れられる企業に有効です。製造の仕組みなどの工夫によってオペレーション効率を向上し、低コスト、低価格化を実現する取り組みもこの方向性のうちの一つ。こうした意味では格安航空会社(LCC)や100円ショップは、このタイプに当てはまるといえます。 【トータルカスタマー・ソリューション】=「顧客満足度を最優先する」 顧客の利益や満足度を重視する戦略。商品自体の競争力による差別化を期待できない場合、サービスやサポート対応などで他社とは異なる魅力の提供を狙います。重要となるのは、顧客ターゲティング。大型アミューズメント施設や、アマゾンなどに代表される統合型大規模ECサイトが、このタイプです。 【システムロックイン】=「市場優位性を創り出す」 自社製品あるいはブランドをデファクトスタンダード(業界標準)として確立させる戦略。自社製品に注文が入りやすく他社に発注しにくい流通システムを構築する必要があり、このタイプで重視すべきは、技術やビジネスモデルのイノベーション。マイクロソフトの「Windows」がこのタイプの典型例です。 デルタモデルによる3タイプの戦略方向性

現状に即した方向性を選択する

PROFILE

永田 豊志

永田 豊志ながた・とよし 知的生産研究家、ショーケース代表取締役社長。九州大学卒。リクルートで新規事業開発を担当。その後、出版社や版権管理会社などを経て、ショーケース・ティービー(現ショーケース)を共同設立。図解思考、フレームワーク分析などビジネスパーソンの知的生産性研究にも取り組んでおり、国内外での執筆活動や講演でそのノウハウ普及を行う。

<新型コロナ>デルタ株とは 変異株の種類

一般的にウイルスは増殖や感染を繰り返す中で少しずつ変異していくもので、新型コロナウイルスも約2週間で一箇所程度の速度で変異していると考えられている。
国立感染症研究所は、こうした変異をリスク分析し、その評価に応じて、変異株を「懸念される変異株(VOC)」と「注目すべき変異株(VOI)」に分類( ※1 )している。
※1 WHOと同様に、変異株をVOCとVOIに分けている。国内での検出状況等を加味することから、分類は各国によって異なる。

1. 懸念される変異株(Variant デルタの意味 of Concern : VOC)

• B.1.1.7系統の変異株(アルファ株)
• B.1.351系統の変異株(ベータ株)
• デルタの意味 P.1系統の変異株(ガンマ株)
• B.1.617.2系統の変異株(デルタ株)


新型コロナウイルスの懸念される変異株(VOC) ※2

デルタの意味
最初の検出 主な変異 感染性 重篤度 再感染やワクチン効果
アルファ株 2020年9月 英国
N501Y
推定1.32倍
※3(5~7割程度高い可能性)
推定1.4倍(40~64歳1.66倍)
※3(入院・死亡リスクが高い可能性)
効果に影響がある
証拠なし
ベータ株 2020年5月 南アフリカ N501Y
E484K
5割程度高い可能性 入院時死亡リスクが高い可能性 効果を弱める可能性
ガンマ株 2020年11月 ブラジル N501Y E484K 1.4-2.デルタの意味 2倍高い可能性 入院リスクが高い可能性 効果を弱める可能性
従来株感染者の再感染事例の報告あり
デルタ株 2020年10月 インドL452R 高い可能性 入院リスクが高い可能性 ワクチンと抗体医薬の効果を弱める可能性

2. 注目すべき変異株(Variant of Interest : VOI)

• R.1(E484Kがある変異株)※海外から移入したとみられるが起源不明
• B.1.427/B.1.429系統の変異株(イプシロン株)
• P.3系統の変異株(シータ株)
• B.1.617.1系統の変異株(カッパ株) デルタの意味

デルタの意味

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 石油・天然ガス資源情報

ページ番号1001351 更新日 平成30年2月16日

海または湖で、川の運搬する砕屑物{さいせつぶつ}がその河口付近に堆積してできた地形を三角州(delta)といい、それを構成する堆積物をデルタ堆積物、または三角州堆積物という。
三角州の内部構造はデルタ・プレーン(delta plain)堆積物(頂置層:topsetともいわれる)、デルタ・フロント(delta front)堆積物(前置層:foresetともいわれる)およびプロデルタ(prodelta)堆積物(底置層:bottomset ともいわれる)から構成されている(図参照)。デルタ・プレーン堆積物は表層部のほぼ水平層からなる陸成ないし一部海(湖)成層で、洪水などによって新しい層が古い層の上に重なっていった状態を示す。
デルタ・フロント堆積物はデルタ・プレーンの前面に位置し、数度前後の傾斜を有する海成層で構成され、デルタ・フロント堆積物内の傾斜した層理面は過去の三角州の前縁を示す。
デルタ・プレーン、デルタ・フロントの上部は砂、礫{れき}などの粗粒砕せつ物が多いが、デルタ・フロントの下部からその前面に位置するプロデルタでは泥質堆積物が発達する。三角州の平面形態は、河口から供給される砕せつ物の量や海流などに応じて円弧状、鳥足状、尖甲状{せんこうじょう}などの形に変化する。また、海退期には、海岸線の海側への前進に伴い、三角州がプログラデーション(progradation:前進平衡作用または埋め広め作用ともいわれる)によって沖合側へ前進、発達する。
デルタは、一般的な貯留岩である砂岩が比較的広域に、ある程度まとまって堆積する場所であることから、石油探鉱で重要な探鉱対象地域の一つである。

図 デルタの縦断面概念図

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 石油・天然ガス資源情報

Copyright (C) Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.

微分の性質・公式など

$$や$$は「変化量」という意味があった。微分を行う時は、$$を0に近づける(連動して、$$も0に近づく)。このようにここから先の計算ではしばしば、$$や$$に「変化量」という意味に加えて「0に近づく」という属性が加わる。この「0に近づけていく変化量」という量を表すために、新しい記号として$\mathrm dx,\mathrm dy $を導入しよう。つまり、$\Delta$の替りに$\mathrm デルタの意味 d $という記号を使って 後で$\to0$という極限を取ることが約束されている変化量 を示すことにする。本講義で$\mathrm dx $とか$\mathrm dy$ のように$\mathrm d $のついた量は、すべて「微小変化」を表現する量である。

$\mathrm dx$や$\mathrm dy$を「微小変化」と呼ぶが、この呼び方は少し説明が不足していて、単に「微小」ではなく「0になる極限を取る」という点が重要である。

上の図にも示したように、$\mathrm dx$や$\mathrm dy$はあくまで、 のような「接線と同じ傾きを斜辺とした直角三角形」の底辺と高さだと考える(この考え方なら微小である必要はない)。そして、$\mathrm dx$ や$\mathrm dy $そのものの大きさは重要ではなく、 という形(どんな直角三角形か?)、あるいは「$\mathrm dx$ と$\mathrm dy $の比」が重要であって、$\mathrm dx$ や$\mathrm デルタの意味 デルタの意味 dy $そのものは大きさを考えてはいけない(考えても意味はない)量とする。いわば、「接線上で定義された長さのようなもの」が$\mathrm dx$ と$\mathrm dy$ であり、それぞれ一つだけでは意味がなく、「$\mathrm dx$ と$\mathrm dy $の二つで向きを表現する量」なのである。

$<\mathrm dy\over \mathrm dx>$は普通の数(大きさを考える意味がある)だし、$\mathrm dy=a\mathrm dx$と書いた時の$a$も普通の数である。だから$<\mathrm dy\over \mathrm dx>=2$や$\mathrm dy = 0.7\mathrm dx$は意味のある式である。しかし、$\mathrm dx=1$とか$\mathrm dy=0.02$などという式には全く意味がない =0だけは、「$\mathrm dx=0$の極限をとって」のように使うこともあるが、本来はあまりよい使い方ではない。 。$\mathrm dy$ や$\mathrm dx $は、二つがペアになって接線の向きを表現している量であって、$\mathrm dx$ のみの大小を云々してはいけない。

新しい記号を使えば、接線の傾きは$<\mathrm dy\over \mathrm dx>$になる $\mathrm dx$や$\mathrm dy$は、接線という直線の上での長さを表現しているという考え方もできる。 。この$<\mathrm dy\over\mathrm dx>$、厳密に書けば

が導関数(もしくは微係数)である。$\mathrm dy$ と$\mathrm dx $は微小量、すなわち0になる極限を取るべき量だが$<\mathrm dy\over \mathrm dx>$は有限な量である。

\begin \mathrm dy=2x\mathrm dx+(\mathrm dx)^2 \end

と書きなおす。この式の$\mathrm dx\to0,\mathrm dy\to0$の極限を考えると

となって0=0という「当たり前すぎてつまんない(trivialな)式」が出る。何の情報も引き出せない。$\mathrm dy$と$\mathrm dx$の比のみが重要なのだから、まず両辺を$\mathrm dx$で割って

「$\mathrm dx$というのは$\mathrm dx\to0$という極限を取られることを運命づけられている量であることを考えると、右辺第二項の$(\mathrm dx)^2$をこれ以上計算する必要はない」と考えて

\begin \mathrm dy= 2x\mathrm dx \end

\begin y+\mathrm dy = (x+\mathrm dx)(x+\mathrm dx) \end

になる。そして「あ、この中には$x\mathrm dx$が2個あるな」と考えれば、右辺は$x^2+2x\mathrm dx$となる。

次に図解で考えよう。一辺$x$の正方形の面積Sは$S=x^2$という式で表現できる $y=x^2$ではなく$=x^2$としたが、これはこの図の場合$x^2$に「面積」という意味があるからである。どんな文字を使うかは本質とは関係ない。 。この式を微分した結果の導関数が$<\mathrm dS\over \mathrm dx>(x)=2x$であることは、

という図から理解できる。この場合、正方形の「縦」の変化による面積変化$x\mathrm dx$と、「横」の変化による面積変化$x\mathrm dx$の足算が面積変化$2x\mathrm dx$となっている。$\mathrm dx^2$の部分は無視されている。

デルタの意味

Boeing 737-900ER(739)型機の機内の非常口列のメインキャビン座席

デルタ航空は、大切なお客様に優先座席指定へのアクセスをご提供します。このサービスは「プリファードシート」("P"シート)と呼ばれています。プリファードシートは空席状況によりデルタ航空とデルタ コネクション®のフライトでご利用いただけます。

ご注意:一部のお座席はお体の不自由なお客様のために指定し直させていただく場合があります。航空券はプリファードシート(Pシート)指定の前に発券される必要があります。ベーシックエコノミーをご購入のお客様は、プリファードシートの対象外となります。

プリファードシートの無償でのご利用

ベーシックエコノミー運賃*の場合を除き、プリファードシートは発券に、次の方にいつでも無償でご利用いただけます:

  • 正規のY、BおよびM運賃をご購入のお客様
  • メダリオンスカイマイル会員:

  • ダイヤモンドメダリオン(デルタの意味 DM)
  • プラチナメダリオン(PM)
  • ゴールドメダリオン(GM)
  • シルバーメダリオン(FO)
プリファードシートの購入

プリファードシートの対象ではないお客様も、ご出発の45日前からプリファードシートをご購入いただけます。プリファードシートはdelta.comでご購入いただけます。さらに、2016年7月28日からはアマデウスまたはトラベルポート(ワールドスパン、アポロ、ガリレオ)を利用している旅行会社でも、各GDSでデルタ航空のプリファードシートの予約ができるようになりました。 例外が適用されます。
有料プリファードシートの手続き方法は、デルタ・コンフォートプラスを座席のアップグレードとして購入する場合と同じです。
1区間、1名様ごとに料金が課されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる