取引ガイド

テクニカル分析の基礎

テクニカル分析の基礎
(引用元:FXブロードネット)

ウォーレン・バフェット氏は市場を常にアウトパフォーム::ETFを使って彼の戦略を再現

The InvestingProのツールは、長期投資家にとって魅力的なバフェット銘柄へアクセスすることができる。例えば、バークシャー・ハサウェイの投資ポートフォリオで最大の保有銘柄は、 Apple (NASDAQ: AAPL )、Bank of America (NYSE: BAC )、American Express Company (NYSE: AXP )などである。この3銘柄で全保有銘柄の60%以上を占めている。

大型銘柄では、Apple、Amazon (NASDAQ: AMZN )、Visa (NYSE: V )テクニカル分析の基礎 テクニカル分析の基礎 、Procter & Gamble (NYSE: PG )や Coca-Cola (NYSE: KO )などがみうけられる。

急成長している事業については、データ・プラットフォームのSnowflake (NYSE: SNOW )、エネルギー大手のChevron (NYSE: CVX )、化学グループの Celanese (NYSE: CE )などがある。

一方、割安株を探している人は、家庭用家具小売のRH (NYSE: RH )、General Motors (NYSE: GM )、エネルギー・グループのOccidental Petroleum (NYSE: OXY )、全米にブロードバンド接続を提供する Charter Communications Technologies (NASDAQ: CHTR ) 、PC・プリンタ大手のHP (NYSE: HPQ )や Citigroupなどもバフェット銘柄となっている。

Snowflake、 RH、Amazon、General Motorsなど、いくつかのバフェット銘柄もアナリストの目標値が強気であり、今後数ヶ月で価格が上昇する可能性があるだろう。

一方、株価純資産倍率(PBR)が低い株式も読者の注意を引く可能性がある。例えば、 Citigroup、General Motors、メディア大手の Paramount Global (NASDAQ: PARA )、Bank of New York Mellon (NYSE: テクニカル分析の基礎 BK )や Kraft Heinz (NASDAQ: KHC ) はそのカテゴリで際立っている。

最後に、パッシブ・インカムを求める方は、Store Capital (NYSE: STOR )、Citigroup、Kraft Heinz、US Bancorp (NYSE: USB )など、配当金を支払う企業を研究するのもよいだろう。

Invesco S&P 500 Top 50 ETF

ご紹介するETF、 Invesco S&P 500 Top 50 ETF (NYSE: XLG )は、S&P 500に含まれる大企業50社にアクセスすることができるETFである。当ETFは2005年5月に初めて上場された。

XLG 週次チャート

主な保有銘柄にはApple、Microsoft (NASDAQ: MSFT )、Amazon; Alphabet (NASDAQ: GOOGL )、 Berkshire Hathaway、Tesla (NASDAQ: TSLA )、Johnson & Johnson (NYSE: JNJ ) など、有力企業も名を連ねている。

バイナリーオプション・テクニカル分析の基礎講座【指標の種類や組み合わせも解説】

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションのテクニカル分析の基本を学ぶ

まず最初に、バイナリーオプションにおけるテクニカル分析とはどのようなものかを理解しておきましょう。

テクニカル分析が必要な理由

バイナリーオプションでテクニカル分析が必要なのは、 勝率アップに直結するから です。

しかし、多くの場合はペイアウト率が2倍未満に設定されているため、 50%の勝率だと資金は減っていく一方 です。勝率も安定せず、負け続きになってしまうこともあるでしょう。

テクニカル分析のメリット&デメリット

テクニカル分析を習得して分析力を磨いていくと、 より正確に値動きを読めるようになり、高い勝率を維持することが可能 です。視覚的に値動きを理解できるため、投資や為替などに関する知識がない人でも問題なく実践できます。

しかし、過去の値動きに基づいた分析手法なので、 必ずしも分析結果どおりの値動きをするとは限りません。 過去に事例のないことが突発的に起こった場合には、チャートの急変に巻き込まれてしまう可能性もあります。

テクニカル分析に必要なツール&アプリ

バイナリーオプションのテクニカル分析ツールとして、最もポピュラーなのが 「MetaTrader4(通称MT4)」 です。

MT4は一般的なチャートを複数表示することが可能で、相場予測に用いられる指標も一通り利用できます。カスタマイズ性も高く、 初心者からプロまで世界中の多くのトレーダーが愛用しているツール です。

バイナリーオプションの無料ツールおすすめ6選【有料ツールとの違いも紹介】 バイナリーオプションでは、ツールを使って分析するのが重要なポイントの一つです。 有料ツールもあるけれど、無料のものもたくさんあるか.テクニカル分析の基礎 テクニカル分析の基礎

バイナリーオプションで使えるテクニカル分析の種類

テクニカル分析をより具体的に理解するには、手法を一通り見てみるのが近道です。

ローソク足

ローソク足はチャートの直接的な分析によく用いられています。

ローソク足は 「実体」と呼ばれる太い線とその上下に伸びる「ひげ」で構成 されているのが特徴です。一つのローソク足が一定期間における値動きの結果を示していて、チャートの時間足に応じてどのくらいの期間の結果を集約したものになるかが異なります。

実体の下端・上端:始値・終値
実体から上に伸びる上ひげの先端:高値
実体から下に伸びる下ひげの先端:安値

また、 値上がりをしたときには「陽線」、値下がりをしたときには「陰線」 と呼び、色分けをして表示するのが一般的です。

水平線は一般的にチャートの水平方向に引く直線を指します。チャートの縦軸は価格を示しており、 同じ価格になっているところがどこかを視覚的に見やすくする ことが可能です。

レンジ相場では 価格が水平線付近に到達すると反発が起こりやすい のが特徴で、レジスタンスライン付近まで値上がりを起こすと値下がりしやすく、サポートライン付近まで値下がりしたときには値上がりを起こすのが一般的です。

トレンドライン

一方、トレンドラインは上昇トレンドあるいは下降トレンドが発生している相場のときに用いられます。トレンドラインを引くと、およそ ラインに沿った形で値動きを起こしていることが視覚的に判断できる ようになるのがメリットです。

上昇トレンドの場合: テクニカル分析の基礎
ローソク足の安値付近を結ぶのを基本として、上昇トレンドが始まった辺りを起点にラインを引く
下降トレンドの場合
ローソク足の高値付近を結ぶのを基本として、下降トレンドが始まった辺りを起点にラインを引く

バイナリーオプションのライントレードとは?【水平線・トレンドライン・フィボナッチラインの引き方も解説】 バイナリーオプションのテクニックについて調べていると「ライントレード」というキーワードによく遭遇します。 テクニカル分析をする上で.

トレンド系指標

移動平均線

(引用元:楽天FX)

移動平均線は一定期間の終値の平均値を計算してグラフ化したものです。過去にさかのぼって平均化した値を視覚化し、 過去から現在にかけてどのような変化をしてきたか を直感的に理解できるようにします。

相場の方向性を判断するのに役に立つ指標で、以下のように 短期移動平均線と長期移動平均線のクロスを見る 手法がよく知られています。

ゴールデンクロス
短期線が長期線を上向きに抜ける状態。上昇トレンドが発生するサインです。
デッドクロス
短期線が長期線を上向きに抜ける状態。上昇トレンドが発生するサインです。

一目均衡表

(引用元:アイネット証券)

一目均衡表は昭和初期に生み出されたテクニカル指標で、 トレンドの方向性を見定めたり相場の強さを判断したりする のに用いられています。

転換線
基準線 テクニカル分析の基礎
先行スパン1・2
遅行スパン

用法としては、先行スパン1と先行スパン2の間に挟まれた「雲」と呼ばれる領域に着目するのが典型例です。 ローソク足が雲を抜けるのをサインとして、価格の上昇や下降を予測 してエントリーすることができます。

ボリンジャーバンド

(引用元:FXブロードネット)

ボリンジャーバンドは ボラティリティ(価格変動の度合い)がわかる指標 テクニカル分析の基礎 になっていて、相場の変動が大きいときにはバンドが広がります。バンドが広がっていくと大きなトレンドが発生するサインだと考えるなど、様々な活用方法がある指標です。

中でも覚えておきたいのが、上図のように ボリンジャーバンドに連続でローソク足がタッチする「バンドウォーク」 です。このバンドウォークが発生している時は相場の勢いが一方向に強いと判断でき、その後もローソク足がトレンド方向に進む傾向があります。

パラボリック

(引用元:FXブロードネット)

パラボリックは放物線を意味する指標で、ストップアンドリバース(Stop and Reverse:SAR)と呼ばれる指標を表示して トレンドの転換点を見つける のに用いられています。

そして、 ローソク足がSARに触れたときはトレンドの転換点が到来 することを示唆します。

標準偏差ボラティリティ

(引用元:楽天証券 トウシル)

標準偏差は統計的なばらつきを示している数値で、トレンドの傾向をつかむのに有効です。 標準偏差ボラティリティが大きいときほど相場の動きも大きくなる ため、トレンドが発生しているときには強弱が一目でわかります。

(引用元:アイネット証券)

DMIはDirectional Movement Indexの略称で、日本語では「方向性指数」と呼ばれています。後述のオシレーター系指標に含まれる場合もありますが、トレンド系指標としても活用できます。

高値と安値の動向から 相場の上昇力と下降力の強さを「+DI」「-DI」という2つの指標で評価 するのがDMIの特徴です。以下の関係式により、トレンド相場を見抜くのに用いられます。

テクニカル分析の基礎知識としてのダウ理論

実際に2014年から2015年にかけての週足の日経平均チャートで見ると青色で丸を付けたところがアップトレンド、黄色で丸をつけたところがダウントレンドとなります。この例で分かる通り、前回のローソクより高値安値が連続して上/下回っていれば成立します。 この定義を厳密に使う必要はなく、概ね上、下に動いていればそのトレンドだと掴んでいいです。 なぜなら、近年特に株価は過剰に動きすぎた結果、高値、安値いずれかが不一致することがあるためです。

f:id:eve93:20160823171216p:plain

*1

  1. 主要トレンド:1年以上で数年まで
  2. 中トレンド:主要トレンドの中で三週間から三カ月、1/3 - 2/3程度主要トレンドの動きを調整
  3. 小トレンド:中トレンドの中で三週間以下、中トレンドの中での変動

このようにそれぞれ期間設定が行われていますが、主要トレンドは半年程度のものもあり、中トレンドと小トレンドはもっと長い期間があることも多いというのが実感です。それをまとめると以下のようになります。

f:id:eve93:20160823233336p:plain

f:id:eve93:20160823175838p:plain

*2

f:id:eve93:20160823180611p:plain

*3

トレンドの3つのフェーズ
  1. 資本蓄積フェーズ. 機敏な投資家だけが資本投下をするフェーズ
  2. 大衆参加フェーズ. 投資家達の間で話題になり、急に株価が動くフェーズ
  3. 情報通達フェーズ. マスメディアや情報ベンダーから情報発信され、ほとんどの人が情報を既に知っていて株価の動きが鈍るフェーズ

f:id:eve93:20160823183527p:plain

*4

トレンドとみなすための条件
  1. 株価指数同士が同じトレンドを示している必要がある. 例えばTOPIXと日経平均が同じトレンドを示さなくてはならないとしています。 同時にトレンドを示し始めなくてもよいとしていますが、そのタイムラグが短ければ短いほど強いトレンドを示します。
  2. 出来高がトレンドを示す必要がある. 株価がトレンドの方向に動くとき、出来高も増えなくてはならいないとしています。 つまり、アップトレンドでは株価が上がるときに出来高が高く、株価が下がるときに出来高が小さくなる必要があります。

f:id:eve93:20160823190414p:plain

*5

f:id:eve93:20160823193542p:plain

*6

トレンドは逆転のサインがない限り続く

ダウ理論に限らず、トレンドを探しながら株取引をするにあたって最も難しいのがトレンドがいつ変わってしまうかを見極めることです。ダウ理論ではトレンドは逆転のサインがない限り続くと定義しています。 では、トレンドの逆転をどのように見つければいいのでしょうか?

f:id:eve93:20160823231444p:plain

*7

黄色の線は直近三回下がったときの大体の底値を示しています。そして、黄色の矢印で示している点で、株価は大きな出来高を伴いながら過去三回の底値を、突き破りました。このときにトレンドの逆転が発生しました。 このようにベアトレンドへ変わるときは直近の底値を、ブルトレンドに変わるときは直近の上値を大きな出来高を伴い破ることが相場逆転の証です。 実際に底値を破ったのちに底値を超えて戻ってきていますが、出来高が小さく、元のベアトレンドへと戻ってしましました。

【特集】 井出真吾(ニッセイ基礎研)が斬る ―どうなる? 半年後の株価―

株式会社ニッセイ基礎研究所 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト
1993年に東京工業大学卒業、日本生命保険入社。99年にニッセイ基礎研究所へ。2018年より現職。専門は株式市場・株式投資・マクロ経済。科学的かつ客観的な分析とわかりやすい解説は定評があり、新聞・テレビなどメディア露出も多数。企業・新聞社主催のセミナーのほか、学会活動にも取り組む。52歳。著書に「本音の株式投資」、「株式投資 長期上昇の波に乗れ!」、「ROEを超える企業価値創造」などがある。テレビ東京、TBSなど出演多数。

井出真吾氏の予測 4つのポイント
(1)半年後の日経平均株価は2万8000~3万1000円
(2)半年後のS&P500種平均は4100~4300ポイント テクニカル分析の基礎 テクニカル分析の基礎
(3) 日本株では、自動車関連、特にトヨタ関連株が有望。デジタル関連も買い
(4) 米個人消費支出(PCE)デフレーターの落ち着きを契機に、日米株価は反転上昇も

井出:その通りです。現在は、株価が1株当たり純利益(EPS:Earnings テクニカル分析の基礎 Per Share)の何倍まで買われているかを示す「予想PER(株価収益率)」は12倍台にとどまっています(5月13日時点)。2021年度の予想PERは平均で14.5倍でしたから、いかに低いかがわかります。これは世界的なインフレなど複数の不透明要因が市場心理を委縮させているためです。米国では、昨年4月から消費者物価指数(CPI)が急上昇していますから、その反動で、今年の春から夏にかけて伸び率は鈍化していくと見られます。

【タイトル】


図1 日米株式市場 予想PERの推移

【タイトル】

図2 米国CPIとコアPCEデフレーターの推移

【タイトル】

1996年慶大卒、日本経済新聞社に入社。東京本社の社会部に配属される。小売店など企業ニュースの担当、ニューヨーク留学(米経済調査機関のコンファレンス・ボードの研究員)を経て東京本社の経済部に配属。財務省、経済産業省、国土交通省、農水省、日銀、メガバンクなどを長く担当する。日銀の量的緩和解除に向けた政策変更や企業のM&A関連など多くの特ダネをスクープした。第一次安倍内閣時の独ハイリゲンダムサミット、鳩山政権時の米ピッツバーグサミットなどでは日経新聞を代表して同行取材、執筆。東日本大震災の際には復興を担う国土交通省、復興庁のキャップを務めた。シンガポール駐在を経て東京本社でデスク。2018年8月に東証一部上場(現プライム市場)のB to B企業に入社し、広報部長。2019年より執行役員。2022年に広報コンサルティング会社を設立し、代表に就任。ジャーナリストとしても記事を複数連載中。5月に著書「BtoB広報 最強の攻略術」(すばる舎)を出版。

  • ・武者陵司「良いインフレが米国をソフトランディングに導く」 (05/23)
  • ・【植木靖男の相場展望】 ─近づく米国株底入れで次世代テーマ鮮明へ (05/28)
  • ・富田隆弥の【CHART CLUB】 「日米市場ともにリバウンド入り」 (05/28)
  • テクニカル分析の基礎
  • ・ バリュー株優位はいつまで? バリュエーション格差に見る「割高・成長株」の逆襲 (05/25)
  • ・ 億ヤラレ中の億り人、日本株躍進もアメ株でつまずきのワケ (05/26)
  • ・今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第2弾〕33社選出 <成長株特集> (05/26)テクニカル分析の基礎
  • ・個人投資家・有限亭玉介:業績とチャートが基本!直近の注目株.. (05/28)
  • ・10万円以下で買える、大幅増益&低PBR 24社【プライム】編 テクニカル分析の基礎 <割安株特集> (05/27)
  • ・インバウンドの追い風再び、「サービスロボット関連株」本格稼働へ <株探.. (05/25)
  • ・【今週読まれた記事】復活! 国策テーマ買いの潮流 (05/28)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー
  • 東証再編に伴う株探の対応につきまして

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

    テクニカル分析の基礎
  • ETF売買代金ランキング=30日前引け
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:メルカリ、ソニーG、JFE
  • 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場 S高= 10 銘柄 S安= 0 銘柄 (5月30日)
  • 前場のランキング【値上がり率】 (5月30日)
  • <動意株・30日>(前引け)=カルナバイオ、ライトアップ、フリージア
  • 本日の【MACD|買い/売りサイン】前場 買い= 286 銘柄 売り= 39 銘柄 (5月30日)
  • 膨らむ再編思惑、「上場グループ会社解消」で浮上する銘柄群 <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─日本に幸運もたらすインバウンド、関連株の押し目を拾う!

人気ニュース【ベスト5】

  • 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第3弾〕35社選出 <成長株特集>
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月27日発表分)
  • 今朝の注目ニュース! ★セルム、フリージア、岡三などに注目!
  • テクニカル分析の基礎
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─日本に幸運もたらすインバウンド、関連株の押し目を拾う!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─ナスダック市場は底入れ、反発のタイミング!

お薦めコラム・特集

  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月30日記)
  • 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第3弾〕35社選出 <成長株特集>
  • 10万円以下で買える、大幅増益&低PBR 25社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 【和島英樹のマーケット・フォーキャスト】 ─企業業績は下期から回復局面へ、買い余地は大きい
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 5月29日版

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

弱気相場の嵐から身を守る、低リスクの公益ETF2銘柄

このETFは66銘柄で構成されているが、組入れ上位10銘柄で純資産1億9400万ドルの約45%を占めている。上位銘柄はNextEra Energy (NYSE: NEE )、Duke Energy (NYSE: DUK )、Southern Company (NYSE: SO )、スペインのIberdrola (BME: IBE )やDominion Energy (NYSE: D )などが名を連ねている。

JXI は年初来で1%上昇し、過去 12 ヶ月間で3.7%のリターンを記録している。株価収益率(PER) は 20.71 倍、株価純資産倍率(PBR) は 2.09 倍である。両方とも更なるデュー・デリジェンスに値するETFであり、長期的なポートフォリオに位置づけられると考える。

皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • テクニカル分析の基礎
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

テクニカル分析の基礎
日経平均株価27,318.50+536.82+2.00%
日経225先物 (F)27,322.5+162.5+0.テクニカル分析の基礎 60%
韓国総合株価指数2,669.48+31.43+1.19%
NYダウ33,212.96+575.77+1.76%
独DAX14,462.19+230.90+1.62%
S&P/ASX 2007,248.70+66.00+0.92%
米ドル指数101.515-0.183-0.18%
1,857.55+6.25+0.34%
原油 WTI116.39+1.32+1.15%
22.224+0.128+0.58%
米国綿花2番139.20-1.41-1.00%
排出権83.98-0.78-0.92%
米国シカゴコーン776.00+11.60+1.52%
米国コーヒー228.65+2.05+0.90%
テクニカル分析の基礎
ドル/円127.00-0.12-0.09%
ドル/ウォン1,247.23-11.14-0.89%
ユーロ/ドル1.0751+0.0024+0.22%
ユーロ/円136.53+0.18+0.13%
トルコリラ/円7.7742-0.0455-0.58%
豪ドル/円91.17+0.44+0.テクニカル分析の基礎 テクニカル分析の基礎 48%
ポンド/円160.65+0.29+0.18%
大塚ホールディングス4,386.0+55.0+1.27%
ソフトバンクグループ5,374.0+33.0+0.62%
トヨタ自動車2,115.0+31.0+1.49%
三菱UFJフィナンシャル・グループ738.5-0.3-0.04%
ブイ・テクノロジー2,887.0+61.0+2.16%
東芝5,840.0+80.0+1.39%
みずほフィナンシャルグループ1,535.5+14.0+0.92%

NYの視点:9月時点で米利上げ停止の可能性?

今週のマーケットにおける注目点トップ5

27日のNY市場は上昇

米国株式市場は大幅続伸、物価上昇率の鈍化を好感(27日)

東京為替:米国株高を意識してドル売り・円買い縮小も

テクニカル分析の基礎

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media テクニカル分析の基礎 および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる