FXチャート実践帳

定量的株式取引戦略

定量的株式取引戦略
交付運用報告書・運用報告書(全体版)バックナンバー

定量的株式取引戦略

定量的取引戦略では、コンピューターソフトウェアプログラムとスプレッドシートを使用して、取引行動のパターンや傾向を追跡します。 証券の価格と取引の量または頻度に基づいて傾向を見つけます。 株式などの証券は、しばしば上向きと下向きのサイクルで取引されます。 定量的手法は、これらの傾向を利用しようとします。 定量的株式取引戦略
たとえば、トレンドの振る舞いに基づいて、株式が取引されていないように見えるのではなく、トレンドを示している場合など、トレンドパターンを分離することにより、株式のパターンを検出します。 価格が過去のパターンに基づいてトレンドに入る兆候を示し始めると、投資機会が主導権を握る可能性があります。 投資顧問は、利益に間に合うように取引ポジションに入ることを決定するかもしれません。
定量的取引と定性的戦略を区別するいくつかの際立った特徴があります。 定量的株式取引戦略 定量的戦略の背後にある目標は、低価格の証券(株式や債券を含む)への投資機会を発見し、高値の資産を特定することです。 これらの要因により、投資アドバイザーは金融市場で売買の決定を下すことができます。
定量的トレーディングテクノロジーは、トレーディングポートフォリオのさまざまなリスクエクスポージャーを評価および管理することも目的としています。 金融セキュリティには、人間の目では無視できる微妙な振る舞いがある場合があります。 数式に依存することで、投資アドバイザーはポートフォリオの不均衡や脆弱性をより適切に特定できます。これに対処しないと、潜在的な損失につながる可能性があります。
定量的取引は費用効果が高いです。 投資顧問は、多くの場合、異なる地域の複数の証券に多様化しています。 定量的取引スタイルは、これらの取引を簡素化することにより、さまざまな取引で多くの証券を売買するコストを削減することを目的としています。
定量的取引戦略は主にコンピューターソフトウェアによって推進されますが、それでも人的要因が必要です。 金融アナリストは、定性的投資の基礎である投資技術に関する科学的研究を引き続き実施する必要があります。 それにもかかわらず、定量的投資マネージャーは一般に、人間の推奨や投資証券の評価に依存することは少なく、コンピューター化された公式に依存します。

追加型投信/内外/資産複合
ターゲット・リターン戦略ファンド
(愛称 ターゲット4U)

交付目論見書

交付運用報告書・運用報告書(全体版)バックナンバー

  • 2022年03月26日 信託期間延長のお知らせ
  • ・2018年10月01日 販売用資料が「UCDAアワード2018(対象分野:投資信託)」を受賞
  • 2018年09月03日 指定投資信託証券の追加にかかる変更のお知らせ

関連情報バックナンバー

ご投資家のみなさまへ
当ファンドは、当社が独自開発した定量分析モデルの結果を活用し、日本および先進国の債券・株式の4資産の配分
割合の機動的な変更を通じて、景気サイクル5年程度の期間で年率4%程度の基準価額の値上がりを目指し運用を行い
ます。
定量分析モデルを活用して、様々な市場データ、マクロ経済データ等の要素から市場動向を予測し、お客様の資産を
「守り」ながら「増やす」ことを意識した資産配分を行います。
定量判断により一貫した投資判断を行うことで、再現性の高い投資成果に結びつけることを目指します。

基準価額の変動要因

当ファンドの基準価額は、組入れられる有価証券等の値動き等による影響を受けますが、これらの 運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属いたします。 したがって、 投資者の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 また、 投資信託は預貯金とは異なります。
当ファンドの主なリスクは以下のとおりです。

「下げれば買い」の株式トレンドはマルチアセット戦略の指針となるか?

Headshot1-Gleason_Mark.png

Headshot1-Kotikalpudi_Sharat.png

シャラット・コティカルプディ

PDF版をご希望の方はこちら

「下げれば買い」の動きは過去7年の平均の倍に

投資家は2021年1-8月期の下落局面7回のうち5回で買いを入れた.png

記録的なキャッシュがけん引役に

単一のトレンドは幅広いシグナルとはならず

マルチアセット カテゴリでよく読まれている記事

【AB IQ】 変わりつつある投資業界

マルチアセット カテゴリの新着記事

運用サービス

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
https://www.alliancebernstein.co.jp/

当資料についての重要情報

投資信託のリスクについて
アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。


お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります
● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.3%(税抜3.0%)です。
● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。
● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.068%(税抜1.880%)です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる