安定した取引システム

仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨のスプレッドとは
bitFlyerのビットコインFX(取引所形式)のスプレッドは2019年2月11日現在0〜10円程(ほぼ0%に等しい)となっており、業界最低水準となっています。

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは?特徴を解説

仮想通貨のレバレッジ取引とは、証拠金を口座に預け入れ、それを担保にすることで証拠金の何倍もの金額を取引できる仕組みのことです。
現物取引のように実際に仮想通貨を交換する取引とは異なります。
また、レバレッジ取引の場合、将来的に値下がりすることを期待し、まず仮想通貨を売却し、値下がりした時点で買い戻す取引が可能であるため、価格が下落した際にも収益を得られる可能性があります。こちらの点も現物取引とは異なります。

現物取引とレバレッジ取引の違い

g_11_02_01.png

現物取引

g_11_02_03.png

レバレッジ取引

レバレッジ取引の特徴

  1. 下落相場でも利益を狙える
    レバレッジ取引では「将来、価格が下落すると判断して価格が高いときに仮想通貨を売って、価格が下がったタイミングで買い戻す」といったことで、現物取引ではできない、下落相場でも収益を狙える取引ができます。
    ビットコインなどの仮想通貨の価格は、上昇相場の場合もあれば、下落相場の場合もあります。レバレッジ取引であれば、どちらの相場状況であっても収益を狙える取引が可能です。
    • 予想に反して相場が上昇した場合は損失を被る可能性があります。
    レバレッジ取引現物取引
    上昇相場価格が低い時に仮想通貨を買って、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。価格が低い時に仮想通貨を買って、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。
    下落相場価格が高い時に仮想通貨を売って、価格が下がったタイミングで買い戻すことで利益を狙うことが可能。

g_11_03_01.png

上昇相場

g_11_03_02.png

下落相場

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。 仮想通貨のスプレッドとは
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

【2022年最新】仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキング7選

仮想通貨取引所おすすめランキング

取扱通貨数が国内No.1 コインチェックは、国内最多の仮想通貨を取り扱う取引所であり、17種類の銘柄を取り扱っています。他の国内取引所にはない「IOST」にも投資可能なので、幅広く銘柄を見たい人におすすめの取引所です。 初心者向けのUI コインチェックのアプリは、初心者でも直感で売買ができるわかりやすいUI設計です。投資アプリは数字並んで分かりづらいことが多いですが、コインチェックは非常にシンプル。操作性の良さ、見やすさがユーザーに高く評価されています。

また、ロック状態でもレートの確認ができ、チャットを使った仮想通貨の情報交換も可能です。 定期積立サービス コインチェックの積立サービスで、毎月一定額を仮想通貨に自動的に投資できます。1万円~100万円の間で1,000円単位で設定可能です。入金から購入まで自動で完結するため、仮想通貨取引に不慣れな方も安心して投資できます。

コインチェックのデメリット

販売所手数料が高い コインチェックのデメリットとして、販売所手数料の高さが挙げられます。コインチェックのスプレッドは6%~と、0.50%(編集部検証)からの他取引所に比べて手数料が高めです。 レバレッジ取引不可 コインチェックは2020年3月にレバレッジ取引を終了しています。レバレッジ取引は、少額資金でも大きなリターンを狙える取引です。レバレッジ取引をしたいのであれば、レバレッジ取引通貨数が多い「DMMビットコイン」がおすすめです。

コインチェックの評判と口コミ

男性アイコン

ビットくんさん|40代前半|男性|営業|2021.01.27

男性アイコン

おしるこさん|30代後半|男性|メディア|2020.10.16

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる