仮想通貨のメリット

ビットコインETFが買える取引所は

ビットコインETFが買える取引所は

現在、ビットコインETFはカナダのトロント証券取引所のみで取引されている

ビットコインETFとは?日本で買う方法やメリット・デメリットを徹底解説

ビットコインETFとは?日本で買う方法やメリット・デメリットを徹底解説

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

DMM Bitcoinキャンペーン情報

  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン ※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン ※3

※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”ビットコインETFが買える取引所は 当たる

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

Coincheck

Coincheck

  • 取引所の取引手数料は無料
  • ビットコインは500円から購入可能
  • シンプルで使いやすいアプリをリリース
  • 取扱い暗号資産は17種類と豊富

また、 500円と少額からビットコインなどの取引ができる のも、初心者に向いているポイントです。取り扱っている暗号資産は17種類もあり国内でトップクラスです。

ビットコインETFが買える取引所は

SANDキャンペーン

  • SAND取扱い開始記念キャンペーン! ※1

※1 ※ 2022年5月24日 〜 2022年6月7日 23:59 ・ キャンペーン期間中にCoincheckにおいて「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント

bitFlyer

bitFlyer

  • 各手数料が無料であり気軽に使いやすい
  • 7年以上ハッキングされていない堅牢なセキュリティ
  • 最短10分から口座開設できる
  • 14種類の暗号資産を1円から購入できる

●bitFlyerに出資している企業

さらに、 取り扱っている暗号資産は14種類もあり、1円から購入できます。

bitFlyerキャンペーン情報

  • 毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム ビットコインETFが買える取引所は ※1

※1 2020 年 7 月 1 ビットコインETFが買える取引所は 日(水)午前 00 時 00 分~ 終了期間未定

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

ビットコインの価格は5年後に「6倍以上」に上がる!?
ビットコインETFの登場で、個人投資家中心の市場に
機関投資家の莫大な資金が流入して一層活況になる!

facebook-share

【今週のまとめ】
ビットコインETFの登場により
ビットコイン市場は一層活況に!

【今週のピックアップ記事!】
新仮想通貨「BAT」の売り出し成功は、証券会社が不要となる時代を暗示!「BAT」や「VALU」などブロックチェーン使用の新サービスが持つ意味とは?

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

世界投資へのパスポートの関連記事

【証券会社おすすめ比較】 外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の 売買手数料と取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社 [2022年6月1日更新](2020.02.01)

【2022年】今すぐ口座開設できる証券会社【最新版】 最短“申込当日”ビットコインETFが買える取引所は に取引できるDMM.com証券、翌日に 取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説 【2022年4月5日更新】(2019.03.01)

【NISA口座おすすめ比較】 米国株や中国株など、外国株の銘柄数で選ぶ! ビットコインETFが買える取引所は NISAで外国株を買える、おすすめの証券会社はココ! 【2022年5月1日更新】(2019.08.01)

新仮想通貨「BAT」の売り出し成功は、証券会社が 不要となる時代を暗示!「BAT」や「VALU」など ブロックチェーン使用の新サービスが持つ意味とは?(2017.06.05)

日経平均株価の2017年9月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 日本企業は好業績だが、FRBの金融政策には要注意!(2017.08.19)

世界投資へのパスポート バックナンバー

【米国株】ウクライナ侵攻により「買い」のチャンスが 到来! 「売り物が出尽くす」「FRBが利上げを見送る」 など、今が絶好の買いチャンスと判断する理由を解説(2022.02.24)

【米国株】「銀ETF」「鉱山会社」など“出遅れ感”が強い 「銀(シルバー)」関連株に注目! 原油価格が上がっても 横ばいが続く「銀」の価格上昇で儲かる銘柄を解説!(2022.02.21)

【米国株】「ウクライナ情勢の悪化」で注目を集める 4銘柄を紹介! 天然ガスや石油、アルミニウム、穀物 の価格高騰により、株価上昇が見込める銘柄を解説!(2022.02.14)

【米国株】従来と真逆の「成長株を売り、インフレに 強い石油株を買う」投資戦略に転換を! 石油株の中で も新高値をつけて“新波動入り”した3銘柄に注目しよう(2022.02.07)

【米国株】2022年の米国株式市場は1973年と酷似! インフレ+利上げでグロース株が下落して、石油株と 金鉱株が上がった時代を教訓に、相場を見極めよう!(2022.01.ビットコインETFが買える取引所は 31)

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

  • 「INTLOOP(イントループ)」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券…
  • 「AViC(エイビック)」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度…
  • ビットコインETFが買える取引所は
  • 「マイクロアド」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析…
  • 「ヌーラボ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他…
  • 「M&A総合研究所」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄…
    ザイ・オンライン編集部(2022.ビットコインETFが買える取引所は 6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ビットコインETFが買える取引所は ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.6.3) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2)
  • 売り先行スタートも経済活動の再開への期待感などから28000円に迫る
  • (まとめ)日経平均は続伸 米国株安を受けて売りが先行するも持ち直し154円高 -…
  • ギフトHD---2022年10月期5月度直営店売上速報、全店で前年同月比35.5…
  • IRJーHD、洋刃物、ケイブなど

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! ビットコインETFが買える取引所は やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

ビットコインのETFが誕生。日本から投資できる? 1ビットコイン=700万円を突破。世界の投資家が注目する仮想通貨

パーパス・ビットコインETFの価格推移

【図表】パーパス・ビットコインETFの価格推移

ETFとは証券取引所で取引できる上場投資信託のことで、ビットコインのETFが上場したということは、証券市場を通してビットコインに投資できるようになったことを指します。カナダで初めて上場承認されたビットコインETFですが、今後世界に広まっていくのか、ビットコインの値動きにどのような影響を与えるのか詳しく読み解いてみましょう。

ビットコインETFができるまでの経緯

2017年にビットコイン先物が上場したときには、ビットコインETFが上場する日も近いという見方が大きくなっていました。しかし、2021年4月現在に至るまで、カナダのトロント証券取引所のみでビットコインETFは取引されている状況です。

ビットコインは価格の変動が激しく、価値の算定も従来の理論からすると難しいため、安定的な資産運用が求められる年金基金や保険会社などの機関投資家は、これまで積極的にビットコインに手を出すことはしませんでした。また、証券取引所を管轄する金融当局もビットコインの安定性や流動性に懐疑的な立場をとっており、世界中のほとんどの取引所では上場承認まで至っていないのが現状です。

トロント証券取引所


現在、ビットコインETFはカナダのトロント証券取引所のみで取引されている

仮想通貨市場の起爆剤になれるか?

ビットコインETFがビットコインの値動きに与える影響

ビットコインETFが上場すれば、多くの投資家にとってビットコインがより身近な投資材料になります。ETFであればビットコインが組み込まれたファンドに気軽に投資できるため、ETFを通してビットコインに投資する人が増えると考えられるからです。

結果としてビットコインの取引量が増えて、ビットコインを含む仮想通貨マーケット全体にとっての起爆剤になるのではと期待する声があります。また、ビットコインがETFになると金融資産として証券市場で取引できることになるので、これまで手を出してこなかった機関投資家もビットコインを資産として保有する可能性があります。

ビットコインETFの今後

米国の証券取引市場に上場されれば、日本からもビットコインETFの購入が可能になるかもしれません。通常のETF同様、ネット証券などを利用して取引ができるようになることが期待されます。ビットコインETFが上場することになれば、私たちにとってもビットコインが身近な存在になります。今後、米国での上場の知らせを待ちたいところです。

ビットコインETFとは?

購入価格 1日1回算出される基準価額。 購入方法 証券会社や銀行、郵便局など販売会社を通じ、基準価額で購入する。 売却方法 販売会社を通して運用会社に解約を申し出る「解約請求」と、販売会社に買い取ってもらう「買取請求」の2通りがある。 売却時期 クローズドエンド型の投資信託は原則として解約はできないほか、解約が認められているものでも、一定期間解約できない「クローズド期間」が定められていることがある。

ビットコインETFの特徴は?

ビットコインETFの承認について

ETFの承認とは?

ビットコインETFにおけるこれまでの経緯

ビットコインETFが金融市場に上場するメリット

低迷している暗号資産(仮想通貨)市場の起爆剤になる

より公正な取引ができるマーケットになる

機関投資家の参入でマーケットが活気づく

個人投資家が参加しやすくなる

ビットコインETFの承認の可能性は?

今後のETFの動きについて

ビットコインETFへの懸念

ビットコインETFに残されている主な課題


  • ハッキングによって資産が棄損された場合、投資家はどのように保護されるのか
  • 価格操作に対してどのように対処するのか
  • 不正や詐欺的行為をどのように監視するのか

ビットコインETFに関するよくある質問

Q ビットコインのETFとは何ですか? A ビットコインETFは、ビットコイン(BTC)を投資対象に含んだETF(上場投資信託)です。2020年7月15日現在、ビットコインETFの上場は承認されていません。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q ビットコインETFを初めて申請したのは誰ですか? A ビットコインETFを初めて申請したのは、ウィンボロス兄弟です。2017年3月に初めてビットコインETFに申請しました。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q ビットコインETFが承認された場合、マーケットはどのように変化しますか? A ビットコインETFが承認された場合、機関投資家や個人投資家の参入し、マーケットが活気づくことが期待されています。
詳しくはこちらをご参照ください。

暗号資産/ビットコインETFとは?国内の状況と上場が却下された理由とは?

ビットコインETFとは、ビットコイン価格に連動したETF(上場投資信託)のことです。 ビットコインETFが買える取引所は
ビットコインETFは今、かなり注目されているトピックです。事実として2021年10月19日、アメリカのニューヨーク証券取引所において、ビットコインの先物価格に連動したETFが上場しました。
このニュースは暗号資産業界外からの注目度も高く、これを皮切りにより多くの投資家の投資対象として、暗号資産であるビットコインの選択肢が生まれました。
しかしながら、

  • そもそもETFってどういうものなの?
  • 現物ETFと先物ETFの違い

そもそもETFってどういうものなの?

ETF

ETFとはExchange Traded Fundの略称であり、取引所で取引される投資信託(上場投資信託)のことを指します。上場投資信託とは証券取引所に上場している投資信託を意味し、特定の指数(日経平均株価など)に連動する仕組みです。

現物ETFと先物ETFの違い

ETFには主に、現物ETFと先物ETFという2つの種類があります。
2021年10月19日にアメリカ合衆国のニューヨーク証券取引所において上場したビットコインETFは先物価格に連動したETF、いわゆる先物ETFに分類されるETFです。
この章では2つのETFの種類について詳しく解説していきます。

現物ETFとは

先物ETFとは

ビットコインETFのメリットは何?

メリット

1. 仮想通貨の信用が高まる

2. 機関投資家による資金が流入する

3. 信用取引ができる

4. 流動性が高く売買しやすい

税金面でのメリット

ビットコインETFのニュースが与えるチャートや値動きへの影響は?

不安

チャート

ビットコインETFの申請と却下、承認までの経緯

ウィンクルボス兄弟の申請

CBOE(シカゴ・オプション取引所)による申請

Bitwise(ビットワイズ)による申請

カナダ、バミューダ、ブラジル、ドバイでのビットコインETFの承認

ビットコインETFが世界で初めて承認された国はカナダです。
2021年2月11日にカナダの資産運用会社「Purpose Investments(パーパス・インベストメンツ)」が、ビットコインETFがカナダ規制当局から承認されたと発表しました。

プロシェアーズ社のビットコイン先物ETFの承認

アメリカで2、3番目となるビットコイン先物ETFの登場

時価総額2位の暗号資産、イーサリアム(ETH)のETFへの期待

事実として、アメリカの資産管理会社「Kelly Strategic Management(ケリー・ストラテジック・マネジメント)」は2021年11月29日に、イーサリアムの先物ETFの申請をSECに提出しています。もしこの申請が承認された場合、暗号資産市場にとってかなりの好材料となり得ます。イーサリアムの価格上昇も期待できるでしょう。

審査をしているSEC(米証券取引委員会)はどういう機関?

ビットコインETFの上場申請があった場合における承認可否のための審査については、SEC(エスイーシイー)が行っています。SECは、Securities and Exchange Commissionの頭文字をとった略語です。

日本でビットコインETFは取引できるのか?

ここまでETFの概要、承認による価格変動の動向、承認までの歴史を丸っと解説してきました。
ここまでのトピックを理解した上で、
「では実際に日本でビットコイン先物ETFを購入することはできるのか?」
という疑問が出てくると思います。

ビットコインをポートフォリオに組み込む意義

インフレに対するヘッジ手段

ビットコインはインフレに対するヘッジ手段にもなり得ます。
その決定的な理由は、ビットコインの総供給量が2100万枚と定められているからです。ビットコインの供給量が一定である点は、ビットコインがインフレに対して強い資産であるということを示しています。

同じようにインフレに対するヘッジ手段として想像しやすいのはゴールド(金)だと思います。しかしゴールドは将来的な採掘量がきっちりと定められているわけではありません。もしかすると、新たな金脈が発見されて、全体の供給量が増加することも考えられます。それと比べると、ビットコインは総供給量が2100万枚にきっちりと定められているため、供給量の側面だけで見ると金よりも適切なインフレへのヘッジ手段だと言えるのではないでしょうか。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる