トレーディング手法

ハイローとFXの違いは

ハイローとFXの違いは
YJFX!のオプトレ!は通貨ペアが8種類用意されており、レンジ取引にも対応しているなど本格的です。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

バイナリーとFXの違いを教えてください。ちなみに、バイナリーならハイローオーストラリア以外はありえないと書いてたのですが、どういうことですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

FXは取引内容を自由に指示できる。売るも買うもいつ何時に注文出すのも自由
ただし、証拠金が含み損に耐えられなくなくと強制的に清算される。注文を出さなければ損失も確定しないし、儲けも確定しない。指値、逆指値のように予約もOK
◆BOは取引時間が固定される。5分なら最初HIかLOWかでエントリー
5分後自分の予想があっていれば勝。初心者向きと言われているのはルールが単純という意味であり、負けるだけならいくらでもマイナスは出るが勝ちを決めるにはFXの知識を総動員しなければならず。各通貨ペアの動きの特性を完璧に把握する必要がある。◆ハイローは入金出金が比較的安定。推奨されているのはあくまでも対応の良さであり、【勝敗とは一切無関係】ハイローなら勝てるとか勝ちやすいとゆうわけでは無い。【勝敗は業者でなく自分の裁量。世界共通】そんな感じですかね。
自分は利用者です。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

BOは判定時刻が決まっており、その時間に自分が注文を入れた時より上がっているか下がっているかを予想する物です。最低確率は50%ですが、そこにチャートの読み方など勉強して勝率を上げることは可能です。
ちなみにハイローでは65%以上の勝率を維持できないと稼げません。

なぜハイローかというと国内業者はペイアウト率がくそ過ぎるという点、海外業者では、出金ができないといった業者が多くその二点を考慮したらハイローがベストなのでしょう。ちなみに私もハイロー使ってますが未だかつて、入出金でのトラブルはないです。詐欺って言ってるひとは大体、勉強せずに始めて負けた人だと認識してOKです。

FXは簡単に言うと為替変動の値幅で利益を取るといったものです。他の方の説明にもありますが、例えば10万口座に入れますよね、それを使って為替に投機するのですが、最初の10万が証拠金となり、予想した通りに動けば、あまり問題ないですが、反対に動いた場合-10万までは注文が決済されることはありませんがそれ以上にマイナスに動くと自動決済で強制的に取引終了されます。
またFXの特徴でレバレッジという物があり元金を超えた取引が可能ですが、その分倍率が上がるので、マイナスに動いた場合はすこしの幅でも強制終了を食らいやすいといった特徴があります。

FXは元金がかなり多くないと瞬発的に大きく資金を増やすことはできないです。正確にはできますが全部なくすリスクの方が大きいです。
BOはハイローで言うと5分後には1.88倍か0かという短時間で勝負がつくので瞬発性は上ですね。

ハイローとFXの違いは?稼ぎ方や勝ち方を解説!おすすめ口座も紹介!

ハイローとFXの違いは?稼ぎ方や勝ち方を解説!おすすめ口座も紹介!

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。 ハイローとFXの違いは
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる