日本語で徹底解説

株価はどうやって決まる

株価はどうやって決まる
米ドル/円 126.83 -0.31 (05/27 12:58)

未上場会社の値段はどうやって決まる?「会社の株価や税金」を解説 ~MA Channel~ コラムより

会社の値段とは、会社の株式の値段です。
上場している会社の株式の値段(株価)は、日々変動しています。だれでも、証券会社を通じて売ったり買ったりできて、将来性があって、その株がほしい人が多いと株価が上がります。これは、多くの方がご存じのとおりです。それでは、未上場の株は、どのように値段がつくのでしょうか?
知っていただきたい株価は、(1)税務上の株価(同族承継の際の株価) (2)第三者取引の株価(M&Aの株価)の2つです。

株式会社事業承継ナビゲーター
代表取締役副社長
長坂 道広(ながさか・みちひろ)

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

編集部おすすめの記事

読まれている記事

  • 1 「Web3」とは何か?--漠然とした「次世代インターネット」の概念を読み解く
  • 2 「VRChat」は日本ユーザーにも優しい世界がある--これから始める方にお勧めのイベント
  • 3 「Cambria」「Quest 3」--Metaの次期VRヘッドセットに期待できること

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the 株価はどうやって決まる copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) 株価はどうやって決まる A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction 株価はどうやって決まる or republication without written permission.

The Japanese 株価はどうやって決まる edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures 株価はどうやって決まる Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial 株価はどうやって決まる items 株価はどうやって決まる 株価はどうやって決まる appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A 株価はどうやって決まる Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

【資本政策】会社の価値はどのように決まるのか?企業価値の評価

【資本政策】会社の価値はどのように決まるのか?企業価値の評価

株式会社プルータス・コンサルティング 取締役マネージング・ダイレクター 米国公認会計士
組織再編・有価証券発行・資本政策関連のアドバイザリー業務、有価証券の設計・評価業務、企業価値評価業務に従事し、多数の案件を手掛ける。企業研修・大学MBA講師。企業買収に係る第三者委員も務める。具体的プロジェクトには、TOB、株式交換等の組織再編アドバイザリー、資金調達アドバイザリー、非上場会社の資本構成の再構成コンサルティング、インセンティブ・プラン導入コンサルティングなどがある。
著書に「企業価値評価の実務Q&A」(共著、中央経済社)、旬刊商事法務No.2042、2043「新株予約権と信託を組み合わせた新たなインセンティブ・プラン」(共著)、ビジネス法務第19巻第4号「法務担当者のための非上場株式評価早わかり(第4回)」(共著)、企業会計Vol.68No.5「制度の変遷で理解する株式報酬諸制度のメリット・デメリット」、旬刊経理情報No1402「時価発行新株予約権信託の概要と活用可能性」(共著)、No1395「業績連動型新株予約権の設計上の留意点」(共著)掲載などがある。
2019年8月より京都大学経営管理大学院の客員教授に。

Related posts:

小さく産んで大きく育てる 新規事業の創出方法

経営にスピードが求められる中で、既存事業が早々にレッドオーシャン化し、新規事業開発の必要性を実感している方も多いと思います。特に、新規事業のアイデアはあっても、事業を立ち上げ成長させることは難しいと感じている経営者、幹部の方々は多いのではないでしょうか。 新規事業が推進できない最も大きな理由は、必要な人材が採用できないことです。 このホワイトペーパーでは、新規事業開発における人材調達の事例と、プロ人材を活用した新規事業開発の成功事例についてお伝えします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる