FX初心者必見

FXのダウ理論とは

FXのダウ理論とは
こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 .

FXのダウ理論とは

ベストセラー『ずっと使えるFXチャート分析の基本』シリーズ第2弾!
相場の勝敗は技術で決まる!
「相場の壁とレンジ」を使ってチャート分析の精度・確率を高め、取引機会と利幅を広げて着実に利益を上げるテクニックを紹介します。デイトレやスイングトレードにも応用できます。

◆本書は原稿の一部を公開しています。お読みいただく方はこちらをClickしてください。→ 「試し読みサービス」へ

★相場の壁とはなにか
相場の壁とは、「買い手と売り手の力関係が均衡して、一時的に値動きが止まった状態(レート)」のことを指します。具体的には、高値(天井)や安値(底)がこれに当たります。
1ドル=110.000円といったキリの良い数字が「見えない強力な壁」になっていることもあります。

★トレードのコツはまず相場の壁を見つけること
相場には大小無数の「壁」があります。この壁で値動きが止まったり、反転したり、壁を突破すると加速したりします。壁と壁の間は値動きが不規則な「レンジ」となります。こうした相場のしくみを知っていると、どこがねらい目の取引タイミングなのか、どこは手控えるべきなのかが見えてきます。まずは壁を探すことがFXで効率よく稼ぐポイントになります。
また、壁を理解すると、ダウ理論の弱点とされる部分が、実は複数時間軸の視点が足りなかったり、相場心理への目配りに欠けていることに気づかされます。ならば、それを補えばよいのです。

★壁を使った取引タイミングは4カ所が基本
相場は値動きを抑えている壁を超えない限り、本格的には動きません。こうした膠着相場(レンジ)の壁を超えたところにエントリーのオーダーを置き、相場が動き出せばポジションがつくられ、動かなければ手を出さない、のが原則です。こうした戦略が身に着くと、値動きの勢いにつられて慌てて「ポチッ」とやって失敗することがなくなります。
相場の均衡が崩れる動き、つまり壁を超えて動き出すタイミングを見つけることが、トレード戦略には不可欠です。2本の壁に挟まれたレンジの場合、順張りの取引タイミングはエントリーと損切りで2カ所ずつ計4か所になります。

★相場にマルチタイムフレーム分析は必須
トレンドや相場の壁の強さは、15分足⇒1時間足⇒日足⇒週足というように、長い時間軸ほど強くなります。壁際で止まり反転させられる動きは、長い時間軸の壁に近づいたときに起こりやすくなります。より厚い壁に近いかどうかを注意するには、この複数時間軸の視点が欠かせません。
マルチタイム分析の方法には、1複数の時間軸チャートを見ていく方法に加え、2テクニカル指標のパラメータを工夫して1つの時間軸チャートに複数の時間軸の指標を表示させることもできます。例えば1時間足チャートに、1時間足・4時間足・日足の3本の21SMAを表示させるといった具合です。
これらを使いこなすことで、今度は厚い壁を利用して反転を狙った逆張りを考えたりもできるのです。

★テクニカル指標は主役ではなく補助的なもの
テクニカル指標は大まかなトレンド方向を示すもので、単体で取引タイミングを計ろうとするとダマシに遭います。チャート分析の基本はあくまで「ダウ理論」です。テクニカル指標はそれを補強するために補助的に使用します。 FXのダウ理論とは
また、テクニカル指標もマルチタイム化することで、より信頼性を高めることもできます。

★レンジ内の利幅も攻略できる
チャート分析では、レンジの上限や下限のブレイクでエントリーが原則です。しかし「マルチタイム分析」と「テクニカル指標」を併用することで、レンジブレイクを待たずにエントリーし、レンジ内の利幅も含め大きく狙えるようになります。
レンジ幅が大きすぎれば、小さい時間軸に下げてサイズを調整することもできます。

1章・取引タイミングを探すマルチタイムの視点
2章・トレードのコツは相場の壁を見つけること
3章・相場の壁を意識したFXトレードの実践
4章・ダウ理論をテクニカル指標で補強する
5章・すべての技術を使いあらゆる場面でトレードする

相場攻略のカギ!ダウ理論について

ダウ理論を勉強することで相場の理解がより一層深まるから、
ぜひ覚えていってね!

ダウ理論6つの法則

その1 平均価格はすべての事象を織り込む

つまり、 どんなファンダメンタルズ要因もチャートにすべて現れるので しっかりチャート分析をしよう ということです。

その2 トレンドには3種類ある

  1. 主要トレンド(長期):週足~月足、1年以上の時間軸
  2. 二次トレンド(中期):1時間足~日足、数週間~数か月の時間軸
  3. 小トレンド (短期):分足、数週間以下の時間軸

つまり、 マルチタイムフレーム分析* を大切にしようということです。

*マルチタイムフレーム分析・・・複数の時間足を総合的に判断する分析

マルチタイムフレーム分析はめちゃくちゃ大事。
今後記事にしようと思います!

その3 主要トレンドは3段階からなる

  1. 先行期:一部のトレーダーが買いを入れるところだが、まだ多くのトレーダーが様子見をしているところ
  2. 追随期:ここから本格的な上昇が始まり、多くのトレーダーが参入してくるところ
  3. 利食期:先行期と追随期に参入したトレーダーが利益確定するところ

その4 平均は相互に確認されなければならない

株式市場でいえば、例えば 工業平均株価と鉄道平均株価のトレンドには相関関係がみられるはずだということです。 工業関連の景気が好調であれば、工業製品を運ぶ鉄道関連の景気も良くなるはずです。

為替においては、 通貨ペアの相関を確認しようということです!

その5 トレンドは出来高でも確認されなければならない

これは本格的なトレンドが発生する際には出来高も大きくなるということです。
逆に 出来高が伴わない上昇や下落は、本格的なトレンドとは言えません。

また 出来高を伴ったトレンドで、出来高が減少している場合にはトレンドの終了を示していることが多く、トレンドの転換を捉えることができます!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる