日本語で徹底解説

信用取引コストで選ぶ

信用取引コストで選ぶ
株式 4 時間前 (2022年06月02日 19:15)

中小企業向け Microsoft Defender for Business | サイバーセキュリティ調査から見えたトレンドと協賛パートナー紹介

サイバー犯罪の商業化により、中小企業に対する攻撃の頻度が高くなり、内容も巧妙化していることから、とくにランサムウェアなどのサイバー攻撃による業務の中断が懸念されています。中小企業にとってこうした問題は、財務面、運用面、そして取引先企業や顧客の信頼に大きな影響を与えるおそれがあることや、社内に専門知識のある従業員がいない等の事情により、その対策が困難になりがちです。日本マイクロソフトは、中小企業がサイバー攻撃への対策をより簡単に導入でき、既存のウイルス対策をさらに強化できるセキュリティツールとして、Microsoft Defender for Business の単体製品の提供を開始しました。これまで提供してきた、大企業向けのセキュリティ機能を中小企業向けに特化し、単体製品として提供することで、中小企業がサイバー攻撃の脅威に対して、より迅速に対応できるよう支援します。

日経 BP コンサルティング「勤務先のサイバーセキュリティ調査」 ※一部概数で表現

■セキュリティに対する懸念の実態

日経 BP コンサルティングが実施した「勤務先のサイバーセキュリティ調査」によると、勤務先のシステムへのサイバー攻撃やその被害について懸念を感じていると回答した人が大企業~中小企業全体で 87% にのぼることが分かりました。
また、サイバー攻撃を受けたことがあると回答した人は全体の 3 割に及ぶ一方で、勤務先のサイバーセキュリティ対策がどの程度できているかとの問いに対して、できていると回答したのは 6 割にとどまっており、サイバー攻撃に懸念を感じていても十分な対策ができていない企業がある状態だと考えられます。

■ランサムウェア対策の現状

今回の調査によると、ランサムウェアに対する認知は 100% に近いことが分かりました。また内容の理解も完全とは言えないものの、ある程度は進んでいます。しかし、対策は十分とは言えません。ランサムウェア対策を明確に実施していると答えたのは、大企業・中堅企業で 53.3%、中小企業ではわずか 33.3% にとどまりました。(下記図①)

図①. 勤務先で現在実施しているサイバーセキュリティ対策 (中小企業)

勤務先で現在実施しているサイバーセキュリティ対策(中小企業)

■セキュリティ対策における課題

セキュリティ対策に対して業務負荷を減らしたいとする中小企業は 65.3% おり、シンプル化へのニーズが問われていることが分かりました。また、コストをかけてよりセキュリティ対策への強度を強めたいと回答した中小企業は 32.7% と、62.0% の大企業・中堅企業が強めたいと回答したのに対して半分程度にとどまっています。
中小企業のセキュリティ対策への予算額は大企業・中堅企業と比較すると低く、特に 100 万円未満と回答している企業は中小企業の 46.0% にも及んでいます。(下記図②)(信用取引コストで選ぶ わからないと回答した企業もいる) 中小企業はセキュリティ対策に対してコストをかける予算が少ないことが分かりました。
中小企業のセキュリティ対策に対する予算感は低い>

図②. 2022 年度の勤務先のサイバーセキュリティ対策の予算額 (中小企業)

2022 年度の勤務先のサイバーセキュリティ対策の予算額

※日経 BP コンサルティング「勤務先のサイバーセキュリティ調査」
(2022 年 4 月実施) をもとに作成

【調査概要】

調査名: 勤務先のサイバーセキュリティ調査
調査対象: 企業等 (従業員 11 名以上) の情報システム部門やその他部門の勤務者で、勤務先のサイバーセキュリティへの取り組みやソリューション選定に何らか関わる人
調査手法: インターネット調査
調査期間: 2022 年 4 月 14 日~ 20 日
有効回答数: 300 件 (大企業・中堅企業 150 人+中小企業 150 人)
回答者属性: <所属部署>情報システム部門: 47.3%、その他の部門: 52.7%
<従業員数> (大企業・中堅企業) 1000 人超: 34.信用取引コストで選ぶ 0%、301~1000 人: 16.0%
(信用取引コストで選ぶ 中小企業) 11~300 人: 50.0%

神戸大学大学院・森井昌克教授 コメント

神戸大学大学院・森井教授にお話を伺いました。
「日本人は個人の責任という意識が世界と比較して低い傾向にあり、セキュリティ意識も総じて低いです。NICT (国立研究開発法人情報通信機構) によると、サイバー攻撃は 1 つのホストに対し年間少なくとも数万件、この数年で 2 倍以上、10 年で 30 倍以上に増えたと言われています。世界と比較しても 10 年以上前は日本でのサイバー攻撃の発生件数は多くなかったものの、近年増加傾向にあります。会社という拠点の中ではセキュリティ意識も集団の中なので高まりますが、リモートワークが増えて個人で活動するために意識が低くなる傾向があります。」

■日経 BP コンサルティングの調査結果を受けて

「ランサムウェアによる身代金は数十億円という要求も珍しくありません。ランサムウェア被害には経理会計や顧客データ、また営業に関わる一切のデータが使えなくなることで、経営が成り立たなくなる可能性があります。またデータが漏洩して、発注元や営業先から訴えられる可能性もあり、信用の大失墜につながります。こうした懸念から中小企業はセキュリティ対策に対し、年間 100 万円程度投資をするべきだと考えています。ただ一般にサイバーセキュリティ対策を講じても直接的な利益を生じないこと、そして予算が必要なことから及び腰になりがちです。しかしサイバー攻撃は至るところに蔓延っているため、常にその危険と隣り合わせです。最低でも現実社会での安全を確保するための警備費や保険費用、それに安全対策を行うための設備費らの総額と同等以上の費用はセキュリティ対策に必要です。一度被害にあえば被害額は膨大になり、その被害額を想定できないことが一番の問題です。被害を想定した上で適切なセキュリティ対策を行うことが肝要です。」

Microsoft Defender

【協賛販売パートナー】
日本マイクロソフトは、協賛パートナー企業としてご賛同頂いた以下の 10 社と連携して、中小企業様向けのサイバーセキュリティ対策の強化に取り組んで参ります。(以下 50 音順)

  • SB C&S 株式会社
  • 株式会社大塚商会
  • JB サービス株式会社
  • 株式会社ソフトクリエイト
  • ダイワボウ情報システム株式会社
  • デル・テクノロジーズ株式会社
  • 株式会社ピーエスシー
  • 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
  • リコージャパン株式会社
  • レノボ・ジャパン合同会社

パートナー企業

【製品概要】
Microsoft 信用取引コストで選ぶ Defender for Business は、特に中小規模のビジネス (最大 300 人の従業員) 向けに設計された新しいエンドポイント・セキュリティ・ソリューションです。ランサムウェア、マルウェア、フィッシング、その他の脅威から会社のデバイスをより適切に保護できます。これまで統合製品の一部として販売していたものを単品で購入することが可能になりました。

製品概要

Microsoft Defender for Business は大企業と同等のセキュリティ機能を中小企業向けに最適化したツールです。1 ユーザーから購入が可能で導入しやすい価格帯に設定しています。Windows 10、Windows 11 にビルトインされているため、Windows Update の適用のみで利用でき、通信データは 1 日 5MB 程度になるため、PC への負荷がかかりにくいツールです。サイバー攻撃を受けても、プログラムのサービス停止などへの影響は最小限でとどめることができます。

世安町1(大垣駅) 3190万円

【ヤマダHDグループ】ヤマダポイント10万円分プレゼント!さらに案内予約で【QUOカード2千円】プレゼント!ヤマダ電機での家電家具等のお買い物はいいことあるかも!

全体区画図

間取り図

構造・工法・仕様

構造・工法・仕様

その他設備

構造・工法・仕様

構造・工法・仕様

発電・温水設備

冷暖房・空調設備

冷暖房・空調設備

防犯設備

構造・工法・仕様

駐車場

現地外観写真

現地外観写真

現地外観写真

前面道路含む現地写真

前面道路含む現地写真

小学校

スーパー

コンビニ

売主コメント

構造・工法・仕様

構造・工法・仕様

構造・工法・仕様

構造・工法・仕様

構造・工法・仕様

構造・工法・仕様

構造・工法・仕様

特徴ピックアップ

長期優良住宅認定通知書 / 設計住宅性能評価書 信用取引コストで選ぶ / 建設住宅性能評価書(新築時) / 低炭素住宅 / フラット35・S適合証明書 / フラット35Sに対応 / 地盤調査済 / 信用取引コストで選ぶ 年内入居可 / 駐車2台可 / 土地100坪以上 信用取引コストで選ぶ / 省エネ給湯器 / 南向き / システムキッチン / 浴室乾燥機 / 陽当り良好 / 信用取引コストで選ぶ 全居室収納 / 駅まで平坦 / 閑静な住宅地 信用取引コストで選ぶ / LDK15畳以上 / 庭 / 信用取引コストで選ぶ シャワー付洗面化粧台 / 対面式キッチン / ワイドバルコニー / バリアフリー / トイレ2ヶ所 / 浴室1坪以上 / 2階建 / 南面バルコニー / 複層ガラス / オートバス / 温水洗浄便座 信用取引コストで選ぶ / 南庭 / 床下収納 / 浴室に窓 信用取引コストで選ぶ / 吹抜け / TVモニタ付インターホン / 信用取引コストで選ぶ 全居室フローリング / パントリー(食器・食品の収納庫) / ウォークインクローゼット / IHクッキングヒーター / シューズインクローク / 全室2面採光 / 小学校 徒歩10分以内 / 平坦地 信用取引コストで選ぶ / 食器洗乾燥機 / オール電化 / 浄水器

米インフレがピークをつける時期は予測困難か

株式 4 時間前 (2022年06月02日 19:15)

米インフレがピークをつける時期は予測困難か

© Reuters.


市場参加者の間からは「今回公表された地区連銀経済報告にはインフレ鈍化の兆候を明確に示すものは多くなかった」との声が聞かれている。
ある市場関係者は「インフレが今年半ば頃までにピークをつけるかもしれないが、コアPCE価格指数は前年比4%超の上昇がしばらく続く可能性がある」と指摘している。
エネルギー供給不安が短期間で解消される見込みは小さいことも、インフレ動向に大きな影響を及ぼすことになりそうだ。

グレンコア、保有する豪ヤンコール株への買収提案拒否へ=関係筋

[シドニー/ロンドン 2日 ロイター] - 関係筋によると、スイスの資源大手グレンコアは、同社が保有する石炭会社ヤンコール・オーストラリアの株式に対して中国企業が1株当たり3.6.

トヨクモ---トヨクモとグローバルセキュリティエキスパートが、セキュリティエンジニア育成で連携を強化

トヨクモ (TYO:4058)は1日、グローバルセキュリティエキスパート (TYO:4417)(GSX)が提供するエンジニア向けセキュリティ教育の支援を受け、クラウドサービスのセキ.

ロシア、一部の肥料の輸出割当廃止=通信社

[2日 ロイター] - ロシア政府は一部の肥料の輸出割当を廃止した。インタファクス通信が2日伝えた。 リン酸二アンモニウム(DAP)、硝酸ナトリウム、硝酸カルシウムと硝酸アンモ.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

信用取引コストで選ぶ
日経平均株価27,413.88-44.01-0.16%
日経225先物 (F)27,488.0-12.0-0.04%
韓国総合株価指数2,658.99-26.信用取引コストで選ぶ 91-1.00%
NYダウ32,647.27-165.96-0.51%
独DAX14,420.信用取引コストで選ぶ 62+80.15+0.56%
S&P/ASX 2007,175.90-58.10-0.80%
米ドル指数102.073-0.456-0.44%
1,871.65+22.95+1.24%
原油 WTI115.09-0.17-0.15%
22.242+0.327+1.49%
米国綿花2番138.67+2.61+1.92%
排出権86.09+0.01+0.01%
米国シカゴコーン728.88-2.12-0.29%
米国コーヒー240.65+9.40+4.06%
信用取引コストで選ぶ
ドル/円129.88-0.22-0.17%
ドル/ウォン1,246.27-0.95-0.08%
ユーロ/ドル1.0713+0.0067+0.63%
ユーロ/円139.13+0.61+0.44%
トルコリラ/円7.8867-0.0418-0.53%
豪ドル/円94.信用取引コストで選ぶ 01+0.68+0.73%
ポンド/円162.99+0.51+0.31%
信用取引コストで選ぶ 信用取引コストで選ぶ
大塚ホールディングス4,317.0-65.0-1.48%
ソフトバンクグループ5,302.0+2.0+0.04%
トヨタ自動車2,193.0-4.5-0.20%
三菱UFJフィナンシャル・グループ740.9-4.7-0.63%
ブイ・テクノロジー3,035.0+49.0+1.64%
東芝5,922.0+106.0+1.82%
みずほフィナンシャルグループ1,528.0-18.0-1.16%

NY為替:【市場反応】米・5月ADP雇用統計、ドル売り

本日の株式市場:Dimon氏の警告を受けてハイテク株が反落し、金融株も軟調となったことでダウは下落

テスラCEO、従業員に「出社か退職」の2択迫る

NY為替:【市場反応】米・先週分新規失業保険申請件数、ドル買い

NY為替:【市場反応】米・4月製造業受注、4月耐久財受注改定値

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

Jトラスト Research Memo(5):2022年12月期以降は本格的な成長フェーズに入り持続的成長を目指す(1)

株式 8 時間前 (2022年06月02日 15:15)

Jトラスト Research Memo(5):2022年12月期以降は本格的な成長フェーズに入り持続的成長を目指す(1)

© Reuters.

■Jトラスト (TYO: 8508 )の成長戦略

同社グループは2021年12月期に黒字化を実現し、成長フェーズに転換したことを踏まえ、2024年12月期までの中期業績予想を新たに発表した。
最終年度である2024年12月期に営業収益1,152億円(2021年12月期比2.7倍)、営業利益177億円(同3.4倍)、親会社の所有者に帰属する当期利益117億円(同10.4倍)と、大幅な増収増益を計画している。
2022年12月期以降は事業が順調に成長し、営業収益は大幅な増収となり、その後も持続的な成長を続けると予想している。
また、事業再編が進み、東南アジア金融事業が黒字化するなどし、営業利益率が飛躍的に改善する見通しだ。
実際、東南アジア金融事業は計画を上回る早さで黒字化を実現したことにより、2022年12月期業績予想を上方修正している。
なお、この中期業績予想にはエイチ・エス証券などを含め、M&Aによるプラス要因等は未反映であることから、計画をさらに上回る成長も期待できる。

信用保証業務では、既存の債務保証残高からの安定的な保証料収入をベースとして、アパートローン保証を中心とした収益構造に変わりはないが、不動産担保ローンやリバースモーゲージ型商品に対する保証事業、クラウドファンディングを活用した保証事業等への移行を図るべく新商品の開発(多角化)を推進する。
日本保証は子会社の日本ファンディングを通じてIoTを標準搭載した賃貸物件(ROBOT HOUSE)を独自のスキームで提供するほか、子会社のRobotシステム(株)が開発した不動産クラウドファンディング専用システムを販売する。
また、日本保証はROBOT HOUSEの購入者(投資家)に対する金融機関のローンを保証することで保証残高を積み増す戦略であり、2022年12月期末までに年間100億円(100棟)のアパートローン保証残高を積み上げる体制を構築中である。
2022年4月末において2022年から2023年に竣工予定の金額(販売価格)は約65億円となっており、 年間100億円ペースの体制が整いつつある。

その他の取り組みとしては、クラウドファンディングで過去に1,500億円以上集めた実績のあるシステムをベースに、不動産クラウドファンディング専用に改良したシステム「ROBOTクラウド」を2021年に開発した。
2022年のシステム受注は100社、5億円の売上を目指しているが、4月末時点で62社から申し込みがあり、今後は大手電鉄系不動産会社と提携する予定である。
また、日本保証は投資家のリスクを軽減するため、募集物件に対する不動産買取保証を実施する。
不動産クラウドファンディングシステムの販売対象は、不特免許取得企業(不特事業者240社など)及び不特免許取得申請企業(年間想定50~100社)に加えて不特免許取得検討企業(宅建業者12万件超)であり、毎月、業界に精通した弁護士等よるセミナーを開催している。
同社の不動産に対する目利き力を生かすビジネスであり、投資家は買取保証が付いているためリスクが軽減されることになる。

また、債権回収業務では、全体の市場規模が縮小するなか、債権購入価格の高騰が続いているが、コロナ禍の影響の下で他のサービサーが債権買取の入札を手控えるなか、事業拡大のチャンスと捉え、積極的に入札に参加し買取を進めている。
特に大型のカード債権は利益率が高く収益に大きく貢献することから、今後も同社グループの高い回収力を背景として安定的・継続的な仕入れを実現し事業拡大を図る。
さらに、新たな事業として開始を予定している金融商品取引法に基づく金融商品取引業においては、エイチ・エス証券が有する営業基盤や強みは引き続き生かしつつ、同社グループが持つ金融サービス等を組み合わせて顧客基盤やサービスのさらなる拡充を図り、プライベートバンキング事業などへの事業拡大を推進する計画だ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる