FXトレーダー

本質的価値の計算方法

本質的価値の計算方法
ナナコ やはりかなり手間のかかる計算ですね。

本質的な価値を計算するための最良のヒントは何ですか?

本質的価値の計算は、株価に関係なく株式を発行する会社の実際の価値を見つけようとする投資家によって使用されるプロセスです。 本質的な価値を決定するための絶対的な公式はないため、投資家は、実際に価格が過小評価されていると判断した株式を確認することにより、さまざまな公式をテストする必要があります。 本質的価値の計算には多くの方法があり、そのほとんどは収益統計、予測成長率、および割引率の組み合わせを使用します。 さらに、投資家は、本質的な価値を決定するために、株式を発行する企業の基本的な特性を探求したいと思うかもしれません。

株価は、投資家が株式を売買する際に生じる需要と供給によってのみ決定されます。 その結果、一部の株は、それらを発行する企業の実際の価値と比較して高値になる可能性がありますが、他の株は過小評価される可能性があります。 多くの投資家が本質的な価値に関心を持っているのはそのためです。 本質的な価値を正確に計算するには、試行錯誤、数学的計算、および精通した投資が必要です。

投資家にとって過小評価されている株式を見つけることは投資家にとって有益であるため、本質的な価値を計算するにはその目標を念頭に置く必要があります。 ただし、本質的な価値を決定することは、決して正確な科学ではありません。 多くの投資専門家が公式を開発しましたが、実際の取引を行うことを信頼する前に、投資家はそれらをテストする準備をしなければなりません。 これを行うには、対象企業の数値をこれらの式に入力し、数学を実行し、結果の本質的価値が一定期間の企業の運命を正確に反映しているかどうかを確認する必要があります。

投資家は本質的な価値を計算する多くの異なる方法を利用できますが、ほとんどの方法には共通の特徴があります。 1株当たり利益は、企業の収入と株価を比較する尺度であり、本質的な価値の計算の重要な指標です。 投資家は一般的に長期にわたって株式を保有しようとしているため、長期にわたる収益成長の予測も重要です。 最後に、割引率を決定して、将来のキャッシュフローの正確な現在価値を提供することも必要です。

統計は本質的な価値を計算する重要な部分ですが、企業を取り巻く他の無形の資質も重要な要素となります。 これらの無形資産は、多くの場合、ファンダメンタルズとして知られ、数式を補強するために利用できます。 重要な基礎には、企業管理、市場競争、企業に影響を与える可能性のある時事問題が含まれます。

【基礎から分かる】バリュエーション(企業価値評価)とは?種類と算定手法/方法

企業価値を測る意義

企業価値を測ること(バリュエーション)は M&A や投資の際に非常に重要なプロセスです。 M&A の際に価格交渉をする目安や、投資を実施するかどうかの判断基準で使われます。売り手側にとっては、オファー価格の検討および投資価値判断、買い手側にとっては株式譲渡タイミングの検討および譲渡先の選定など M&A では企業価値評価によって出された企業価値が大きく買収価格に反映されるため、その企業の本質的な価値を正確かつロジカルに評価することが肝要です。しかし、企業価値は株価のように変動しやすく、将来性を加味すると企業価値は断定的ではなくなってしまいます。また、企業価値評価の方法によっても結果が変わるため、評価対象に対して適切な評価方法を選択することがキーとなります。

事業承継ニーズが増える一方で、自社内での M&A (売り手・買い手ともに)戦略を展開するには、専門家の参画が必須ですが、自社内でも主体的に取り組まなければ、真の成功は望めません。専門家・アドバイザーからもたらされるインプット・アウトプットを有効活用する上で、ポイントを把握、理解するために、基礎的な事項を押さえておきましょう。

バリュエーション(企業価値評価)方法

  • コストアプローチ
  • インカムアプローチ
  • マーケットアプローチ

【コストアプローチ】

デメリット

企業の将来性を加味した評価では無いことがデメリットとなります。企業の将来性(事業計画値、成長戦略)も含めたバリュエーションが必要な M&A の場合には不十分となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる