FXブログ

ビットコインのスキャルピングとは

ビットコインのスキャルピングとは
bit仙人

Jisho

Jisho.org is lovingly crafted by Kim, Miwa and Andrew. You can reach us at Facebook fb.com/jisho.org, Twitter @jisho or e-mail [email protected]mail.com. Before ビットコインのスキャルピングとは you contact us, please read our list of frequently asked questions. Please note that we read all messages we get, but it can take a long time for us to reply as Jisho is a side project and we do not have very much time to devote to it.

This site uses the JMdict, Kanjidic2, JMnedict and ビットコインのスキャルピングとは Radkfile dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

Example sentences come from the Tatoeba project and are licensed under Creative Commons CC-BY.

Audio files are graciously provided by Tofugu’s excellent kanji learning site WaniKani.

The SKIP (ビットコインのスキャルピングとは System of Kanji Indexing by Patterns) system for ordering kanji was developed by Jack Halpern (Kanji Dictionary Publishing Society at http://www.kanji.org/), and is used with his permission. The license is Creative Commons ビットコインのスキャルピングとは Attribution-ShareAlike 4.0 International.

Kanji stroke diagrams are based on ビットコインのスキャルピングとは data from KanjiVG, which is copyright © 2009-2012 Ulrich Apel and released under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 license.

Wikipedia data comes from the DBpedia project and is dual licensed under Creative Commons ビットコインのスキャルピングとは Attribution-ShareAlike 3.0 and GNU Free Documentation License.

New to Jisho?

Have an account?

We recently switched to a new login system. Please enter the ビットコインのスキャルピングとは email you registered with and follow the instructions.

トレードスタイルに合わせた「海外ビットコインFX取引所」の使い方を解説

bit仙人

こんにちは、「ビットコインFX狂騒曲」を運営しているbit仙人です。

今回、暗号通貨のトレードスタイルに合わせて、最もベストだと思われる海外ビットコインFX取引所を紹介します。

暗号通貨のトレードといってもトレードスタイルは千差万別。
ビットコイン信用取引のスキャルピング、ビットコイン先物のスイングトレード、メジャーorマイナーアルトコイントレードなどなど…

その中でも私が相性がいいと感じた取引所と、トレードスタイル組み合わせを紹介します。

何故この取引所を選ぶのか?理由を解説するので、是非海外取引所選びの参考にしてくださいね。

トレードスタイルに合わせた「海外ビットコインFX取引所」の使い方を解説

ビットコイン先物(futures)を触るなら『OKEX』

ビットコインのレバレッジ取引で長期のスイングポジションを持ちたい場合には、ビットコイン先物(Futures)がおすすめです。どれだけ長い時間ポジションを保有しても、スワップやFunding rate金利など(決済期日が来ない限り)建玉保有に対する手数料がない為です。

出来高世界一位で流動性ダントツ

btc-future-ranking1

bit仙人

出来高が多いということは、成行注文でのスリッページも最小で済みますし、指値注文の通りやすさもUPします。期先物(より期限日が未来の先物)への乗り換えもスムーズです。

比較的大きなロットでもトレードで不自由を感じないですね。

ただ、日本語に対応していないので、英語か中国語もしくはブラウザの翻訳機能を使うことになります。

ビットコイン無期限契約を触るなら『bybit』

ビットコイン無期限契約は短期売買やスキャルピングに適しており、BOT運用も多いですね。

ビットコイン無期限契約の出来高ランキングで上位に

btc-perp-ranking1

bit仙人

先ほどもいいましたが、トレードで最も大事な出来高が多いことの恩恵は、スリッページの起きにくさ、注文の通りやすさです。また相場が荒れたときにサーバーがダウンしてしまうようなこともOKEX、Bybitではほぼ起きていません。

Bybitの取引手数料はBitMEXとほぼ同じなので、高くありません。

幅広いアルトコインをトレードするなら『Binance』

幅広いアルトコインのトレードで資産を増やしたい場合、オススメしたいのはご存知Binance(バイナンス)です。

取引所の出来高ランキング

bit仙人

過去にはビットコインのフォークコイン付与等にも柔軟に対応してくれたり、ユーザーライクなところもいいですね。

DEFI銘柄をいち早く上場するなど、出来高のある新規通貨の取り扱いを積極的に行っています。

ただ、Binanceは日本人の利用を将来的に禁止するとの意向をかつて公式アナウンスしました(あれから一年経つが結局ポーズだけだったかもしれない可能性はある)

流行の銘柄をいち早く触るなら『FTX』

流行の銘柄をいち早く触るなら「FTX」

bit仙人

FTXは、取引所独自トークンFTTやSRMの上場、新規銘柄が注目されるIEOなどアルトトレーダーに魅力的なイベントもあります。

大きなリターンを期待できるユニークな商品を触りたいならFTXは魅力的な取引所となるはずです。

電子の海でお宝探しをしたいなら『Uniswap』

DEXの出来高ランキング

bit仙人

詐欺銘柄も混ざっているのですが、その中から数十倍に値上がりするような原石を、海外情報なども頼りに探し出すというのも、トレジャーハンターになった気分で面白いです。

冒険好きならUniswapがオススメ。

【まとめ】取引所は「トレードスタイル」に合わせて選ぶべし

bit仙人

バイナンス|スキャルピングトレードは可能か?おすすめの手法を紹介

バイナンス|スキャルピングトレードは可能か?おすすめの手法を紹介

世界にいくつもある仮想通貨取引所のトップに君臨する「バイナンス」 今回は、バイナンスの手数料の仕組みや手数料を安くする方法を解説していきます。 手数料は一律0.ビットコインのスキャルピングとは 1% バイナンスの取引手数料は一律で0.1%と決められています。 基本的には、相手先の通貨から手数料が引かれます。 例えば、 ADA.

3.マージン取引

世界屈指のバイナンスですが、 とうとうマージン取引が開始されました。 マージン取引とは、 手持ちのビットコイン(BTC)や他のアルトコインを 担保として別の仮想通貨を借り、 その借りた通貨を利用して取引をすることをいいます。 最大の魅力は 豊富なコインをレバレッジを掛けて ショート注文(空売り).

スキャルピングトレードとは?

スキマ時間で行うことが可能であり人気です。

狙うべきは、急な高騰直後

こちらバイナンスの銘柄「COS/BTC」の1分足です。

上図の場合だと、 ものの数分で+30%の利益を出すことができます。

海外の仮想通貨取引所として知らない人はいないほど有名な取引所「バイナンス(binance)」 では、バイナンス(binance)でショート注文は可能なのか?空売りはどのように行うのか? 結論からお伝えすると【ショート取引は可能】です。 方法は、 マージン取引 レバレッジ取引 の2つです。 こちら.

バイナンスでトレードをする際に、コインの種類が多くて「何から買えばいいのか」と迷う方も多いと思います。 今回は、バイナンスでのおすすめの銘柄や草コインについてお伝えしていきます。 おすすめは「底値」のコイン おすすめのコインは、底値にあるコインです。 トレードの格言として「安くで買って、高く.

ビットコインFXトレード方法~成行注文&スキャルピングって利益でるの?

今回は、管理人も仮想通貨研究の一環として行っている『ビットコインFXトレード』について、です。

まだ証拠金少額突っ込んで練習している段階ですが、ちょっと異なった手法(成行注文&スキャルピング)でやってみたので、その結果も見てみましょう。

まずは二つの注文方法『指値・成行』を押さえよう

管理人がビットコインFX・成行注文&スキャルピングやった結果

管理人はここで成行注文を覚えたので、FXではおなじみのスキャルピング(短い時間で取引を繰り返して、少しずつ利益を積み上げる)を、2000円ほど使って練習し、タイミングをつかみました。何回かやってみた結果をご覧ください。

買いから入って、より高値で売り利益を出すパターン

通常の売買と同じ、『買った値段より高く売って利益』というパターンです。上げトレンドのときは、これで利益が出しやすい印象でした。すべて1BTCあたり数百円高値で売れています。しかし、実際に売ったのは0.02btcなので、かなり利益は薄い感じ。

売りから入って、安値で買い戻し、利益を出すパターン

現物は値落ちしたら凹むけど、ビットコインFXトレーダーには、価格暴落時にもチャンスがあります。『売りから入って、より安値で買い戻し』を使って、下落トレンドでも利益を狙います。『売り』より『買い』が安ければ利益になります。こちらもすべて利益にできました(一部プラマイゼロに近いのもあるけど笑)

『成行注文のほうが、タイムラグが少ない(サーバータイムラグはあり)』
『わざわざ金額入れてスキャルピングだと、遅れて注文が入らない可能性がある』
『2017年9月半ばは、やや下落トレンドなので、売りでスキャルかけてもok』
『トレンドにあわせることで、利益が乗る方向で確定しやすくなる』

テクニカルスナイパーコラム「ビットコインはしばらく低迷期、スキャルピングが最適」


情報過多と言われて久しい時代に生きていますが、私たちはその中で情報を取捨選択して実を取っていかなくてはなりません。
特にメディアというメディアは先週の記事でも触れたように、事実とは異なることを発信していることが多く、受け取り手は絞らねばならない一方で多様な発信を比較するという負担を強いられます。
一次情報を得ることは難しいものですが、投資一つとっても実際に結果を出していたり、ブロックチェーンプロジェクトであればその主宰者に生の意見を聞いてみるべきでしょう。
この時にポイントとなるのはいかに個人から引き出すかであり、私が個人で発信している理由もここにあります。
「テクニカルスナイパー」の名前を他人に使わせて私の意に反する発信がなされないように、個人の責任のもとで行なっています。
ゆえに外的な圧力によってコメントが左右されない信用を得ることができます。

参議院議員選挙を控えた各党のPR活動


昨日投票即日開票が行われた参議院議員選挙ですが、まずは改憲派が3分の2を獲得できなかったというのが大きかったでしょう。
あえて改憲反対派の立場を取るのであれば、これは一つ安堵すべきことかもしれませんが、問題は自民党未満が団子状態であることです。
立憲民主が前回の衆院選ほどの勢いを見せられず、今回は小党が少しずつ議席を分け合った格好になりました。
やはり野党第一党がそれなりの力を持っていなくては意味がありません。
また投票率の問題でまたしても過去最低を記録したわけですが、期日前投票が過去最高に登ったため、ブロックチェーンでも導入してもっとスムーズに投票できる仕組みを整備すべきでしょう。
私が注目していたのはTwitterなどを用いた選挙活動で、回を増すごとにエンターテインメント化させることで若者を惹きつけることに成功していると言えます。

都心地価高騰とその本質的価値


東京を中心とした地価の高騰が見受けられ、バブルとは言えなくとも、異常な価格をつけていると感じます。
たとえば最近人気を集めているマレーシアなどでは同じクオリティのコンドミニアムでも東京の3分の1で賃貸できたりするなど、本質的価値からの乖離が過ぎていると考えられます。
私も新宿から転居する際に、特に都心にいる理由がなかったため、他県の物件を探していました。
国内外へ移動することも多いため新幹線と空港の利便性を考慮して結果的に横浜に落ち着くことになりましたが、首都圏近郊にそれほどの価値があるとは思えません。 ビットコインのスキャルピングとは
通勤電車の悲惨さを見ていると、10年もすれば一極集中のメリットも薄れ、私たちは都心からひとまわり離れた場所に少しずつ散っていくと見ています。
不動産投資で都内の物件を買うことも危険になってきているのではないでしょうか。

ビットコイン、しばらくは停滞相場か


今回はあえて引きの画像を持ってきましたが、ビットコイン価格が乱高下し、バブル崩壊の様相を呈しています。
2018年初のパターンと重ねると、ここから急騰急落を繰り返して少しずつ高値を切り下げていくことになるでしょう。
いつもと基本スタンスは変わりませんが、こうした相場ではスイングポジションを持つかスキャルピングで細かく取っていくしかありません。
トレンドが発生していないため、中期的な目線でトレードすることは難しいでしょう。
スキャルピングができる人はこのボラティリティは非常に取りやすいかもしれませんが、髭には注意が必要です。
現物の買い増しも適宜問題なくできますが、売るという判断はまだできません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる