オプション取引活用術

初心者におすすめのネット証券は

初心者におすすめのネット証券は
マネックス証券の特徴は、IPO銘柄の取扱数と外国株の銘柄数が多いことです。IPOの抽選ルールは過去の取引実績や預かり資産に関わらず、誰でも公平に当選できる仕組みになっています。

株初心者におすすめのネット証券会社は?7社を比較

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、2019年4月に開業したネット証券です。「Tポイントを使って株が買える」、「1株から株の売買が可能」という特徴があります。

3.SBI証券

SBI証券

SBI証券は、ネット証券大手の一社で、売買手数料の安さと商品やサービスの充実度が魅力です。

3.松井証券

松井証券の株式売買手数料は1日定額プランのみとなっており、1日の約定代金が50万円まで手数料が0円という点が魅力です。また、投資信託では「販売手数料無料」、「複雑な仕組みの投資信託は販売しない」という姿勢を徹底しています。

4.LINE証券

LINE証券

LINE証券では、1株単位で購入できる日本の有名企業1,500社以上と、1口単位で買える国内ETF15銘柄を用意しています(2022年5月時点)。ほとんどの銘柄が3,000円以下なので、少額での投資が可能です。また、スマホのLINEアプリから気軽に取引できる、LINEポイントが株式購入に使えるといったメリットがあります。

5.マネックス証券

マネックス証券の特徴は、IPO銘柄の取扱数と外国株の銘柄数が多いことです。IPOの抽選ルールは過去の取引実績や預かり資産に関わらず、誰でも公平に当選できる仕組みになっています。

6.DMM株

DMM株

DMM株の特徴は、株式の手数料が安いことです。約定代金5万円以下なら手数料は55円(税込)となっています。また、約定代金が300万円を超えても一律880円(税込)と、業界内でも最安値水準です。さらに、米国株の取引手数料は0円と低コストを実現しています。

8.楽天証券

楽天証券は、多くの投資家に支持を得ている取引ツールである「マーケットスピード」や、株の取引や投資信託の積立投資で楽天スーパーポイントが貯まる「ポイントプログラム」が特徴です。

ネット証券会社の2大巨頭?楽天証券とSBI証券、どちらがお得?

金融

・ハッピープログラム(楽天銀行に口座があり、マネーブリッジを利用している方のみ)
国内株式の取引、投資信託の保有、楽天FXの取引、その他の取引
・超割ポイントプログラム
手数料の1%をポイントバック(大口優遇は2%)。対象商品は、国内株式取引(現物・信用)、海外株式取引(米国株式、中国株式、アセアン株式)、日経225先物取引(ラージ、ミニ)、日経225オプション、海外先物、金・プラチナ取引。
・投信積立
投信積立で支払い方法を楽天カードに設定すると、買い付け代金100円につき1ポイント付与。
・投信残高
マネーブリッジ、ハッピープログラム登録者限定で、投資信託残高10万円ごとに毎月4ポイント加算。
・投資信託資産形成(マネーブリッジ利用者以外)
投資信託残高50万円以上で、月々の保有額に応じてポイント付与。

SBI証券でポイントを貯める方法

・国内株式現物取引
スタンダードプランの手数料および現物、PTS取引手数料の月間合計手数料の1.1%相当のポイントを付与。 ・投資信託取引
対象投資信託の月間平均保有額が、1,000万円未満で年率0.1%相当、1,000万円以上で年率0.2%相当のポイントを付与。
・金/・プラチナ取引
スポット取引手数料および積立買付手数料の月間合計手数料の1.0%相当のポイントを付与。
・国内株式移管入庫
1回の移管入庫につき100ポイントを付与。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる